グウィン ドリン エルドリッチ。 王家の家系図

神喰らいのエルドリッチ

グウィン ドリン エルドリッチ

下半身がこのようなスライム状になっているのは、今作で世界を終焉に導いている「人の膿」と関係がありそうだ。 人品など関係ない。 というのも アイテム欄の説明と、登場人物たちのセリフとでは、エルドリッチの印象が大きく異なるからだ。 またエルドリッチと縁が深いホレイスとサリヴァーンは、共に暗月の力を持っている。 そこで、稀に目にする エルドリッチとロザリアは夫婦説 を取り入れてみようと思います。 ここまでくると完全に妄想の領域ですね。 今はあまり関係ないことですが、視覚的な話、 シース、、ロスリック王子、エルドリッチの手は凄く似ています。

次の

陰の太陽グウィンドリン

グウィン ドリン エルドリッチ

「例えばエルドリッチさ」 「聖職者だった奴は、反吐が出るような人喰いを繰り返し、溺れた豚のように膨れ、蕩けた汚泥となり、深みの聖堂に幽閉された」 「そしてエルドリッチは王となった。 しかし! ここまで読んで下さった方ならご存じかもしれませんが、彼女はこうも詔をしてくれます。 つまり、「 不義の子」「 半竜」から、 シースの妻は別におり(古竜? 近接攻撃は一切してこないでテレポートしかしないため、近づいたら全力で攻撃するのみである。 そしてエルドリッチが誰にも邪魔されず神喰らいが出来るように、大主教マグダネルを頂点とする「神喰らいの誓約者」たちが聖堂を守っていた。 の旦那さんというと、絵画世界の誰かでしょうか? さんとか? 【ロスリック王家】 ゲルトルード編 故に「天使の娘」ゲルトルードは大書庫の天井牢に幽閉されたという (羽の騎士の兜『』) 「天使の娘」ゲルトルードの奇跡 周囲に幾つもの光の柱を落とす 王妃の聖女であったゲルトルードは、彼女のいう天使に見え、その物語を知ったという 彼女は光と声を失い、だが物語を記し続けた 常人には理解出来ぬ、破綻した書付の由がロスリック天使信仰の源流となったのだ (天使の光柱『』) 王妃の聖女、ゲルトルードが騎士達に伝えたという奇跡 後の「天使の娘」ゲルトルードは王妃の実子であるといわれている (光の恵み『』) そうです。 そしてエルドリッチ=グウィンドリンになったのではないか。

次の

王家の家系図

グウィン ドリン エルドリッチ

冷たい谷の踊り子です。 サリヴァーンが使うのは、彼が夢見た野心を「罪」とする「罪の大剣」と、彼の本質であるとされる「裁きの大剣」だ。 それも捕虜というよりか、 大事に匿っているような、そんな違和感です。 質問や、異論は遠慮無くぶつけてください! いつでもお待ちしております。 あのドロドロから人間が生まれるという事実が怖い 上記説に則れば、エルドリッチとロザリアの息子なのかも……しれません。

次の

神喰らいのエルドリッチ

グウィン ドリン エルドリッチ

即ち、 二人はロンドールとの関わりがあります。 だがそれも火を絶やさないために周りから望まれて、もしかしたら強いられてやっていたのだとしたら、エルドリッチに対する見方がだいぶ変わる。 父は夫である火の神フランでよいでしょう。 ただそもそもアンリを殺すつもりだった、というのも協力するふりをする必要性を感じない。 他にも、旧王家に関連するテキストを持ったキャターが一人おります。 アンリでないとなると、もう一人は誰だってなりますしね。

次の

陰の太陽グウィンドリン

グウィン ドリン エルドリッチ

エルドリッチ=グウィンドリン説 最初にエルドリッチを見たとき、グウィンドリンに明らかに似ていることが気になった。 エルドリッチは深海の時代を来させぬために、人喰らいを始める。 更に、 ホレイスはエルドリッチの子供です。 アンリ殺害ルートのあと、エルドリッチの下に行ったのであれば、彼の装備品が残っているはずだからだ。 この二人を分けて考えること自体、意味がなくなったため、ホレイスは暗月の剣として神々への不敬を咎めてアンリを殺害したのでは、というのがこの説だ。 ホレイスは「暗月の剣」なのだ。

次の

【ダークソウルⅢキャラ考察】神喰らいのエルドリッチとその周辺について

グウィン ドリン エルドリッチ

自分の親が貶められたこと、薪の王にしようとしていることに怒り、「火のない灰」である主人公やアンリの殺害をくわだてた、という筋だ。 だから表向きは「エルドリッチがおかしくなって人喰らいを始めたために幽閉した」という話を広めたのだと思う。 まずは、なぜエルドリッチは人喰いをするようになったのか? ホークウッドの言葉からは、狂気に陥って人喰いを始めたエルドリッチを、周りの人たちが聖堂に閉じ込めた、という風に読める。 ホレイスがグウィンドリンがエルドリッチに喰われたことを知っていたか、というのはアンリやヨルシカが知らないことを見ても、知らなかった可能性が高いように思う。 「ダークソウル」で出てきたプリシラがグウィンドリンの母親だ、と考えると、グウィンドリンを絵画世界で産んだことになる。

次の