三島 由紀夫 vs 東大 全共闘 映画。 映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」を結末まであらすじネタバレ!上映映画館やムビチケ前売り券の情報も!│Kisei

『三島由紀夫VS東大全共闘』が面白過ぎる: そして、人生も映画も続く

端的に言えば、右翼と左翼の哲学論争なんだけど、行動の基準が哲学なのよ。 だから、日本人的エートスの最も深く豊かなものと天皇制は不可分である、と。 テーマは知性、他者、自然、天皇、共産党、自民党、解放区、日本人等々。

3

映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」を結末まであらすじネタバレ!上映映画館やムビチケ前売り券の情報も!│Kisei

東大全共闘の芥正彦は「言葉が力があった時代の最後だとは思っている」、瀬戸内寂聴は「あんな目、見た事ない」と述べていた。

11

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実の上映スケジュール・映画情報|映画の時間

そしてそれが、どうしても俺の中で否定できないのだ。

16

三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実

そして学生運動をリードしてきた全共闘も敗北。 そんな危険きわまりない若者たちが、「三島を論破して立ち往生させ、舞台の上で切腹させる」と盛り上がり、異様なテンションが充満している敵地に、三島は警察が申し出た警護も断り、その身一つで乗り込んで行った。 ナビゲーターを東出昌大が担当。

12

『三島由紀夫VS東大全共闘』が面白過ぎる: そして、人生も映画も続く

その前年、1969年の5月に三島は東大の駒場キャンパスの900番教室で単身東大全共闘との「討論」に臨んだ。 「あなたの個人的な天皇への原体験を普遍化しようとすることは間違っている」と。

28

三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実

三島との討論の中心になっていた芥氏が、「事物のないところじゃ、自分をどう存在証明するのだ」らしいことを言っている。 安田講堂へ閉じこもる。 それは、討論が終わったから言ったことではないと思うんです。

25

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実 上映館・上映スケジュール<全国>|映画の時間

そして、それには陸自の一部が呼応する(と三島は信じていた)。 言葉を尽くしての討論には嘘もなければ諂いもなく、討論しながら次第にお互いを分かり合うという、一種の清々しささえあります。 もしかしたら、学生側はそこを突破口に、三島を論破できたかもしれない。

9

映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」を結末まであらすじネタバレ!上映映画館やムビチケ前売り券の情報も!│Kisei

そのことに途中で気がついた。