働き 方 改革 推進 支援 助成 金 職場 意識 改善 特例 コース。 働き方改革推進支援助成金についての詳細4つ!職場環境改善コースとは?

働き方改革推進支援助成金の全コースを紹介!【新型コロナ感染症対策あり】│経営者コネクト

) を減額して交付申請しなければならない。 第3条 (交付の対象及び補助率) 1 この助成金は、別途定める中小企業事業主が、(1)及び(2)に掲げる事業(以下「改善事業」という。

27

働き方改革推進支援助成金の5つのコース内容をご紹介!

外部専門によるテレワーク導入のためのコンサルティング テレワーク用通信機器とは、具体的に以下のような機器が挙げられます。

24

働き方改革推進支援助成金(職場意識改善特例コース)について R2.9.30

外部専門家 社会保険労務士または中小企業診断士等 のコンサル• )、労働者に対する研修(業務研修を含む。

7

働き方改革推進支援助成金についての詳細4つ!職場環境改善コースとは?

特別休暇を利用する社員がいれば、残された社員の負担を軽減するため、設備やITへの投資が必要かもしれませんし、制度導入にあたって就業規則の改定や社会保険労務士等専門家によるアドバイスも必要となるでしょう。 IT導入支援事業者のサポートを受けてソフトウェアやサービスを導入した場合、その費用や導入関連費の一部が補助されます。 労働能率の増進に資する設備や機器の導入、更新 「職場意識改善特例コース」の支給額 「職場意識改善特例コース」の取組の実施に必要となった経費の一部が、支給されます。

19

新型コロナ対策で特別休暇制度を整備した事業者の支援制度「働き方改革推進支援助成金」、上限50万円で整備費用の3/4を助成

現在申請可能な3つのコース はじめに現時点で申請可能な3つのコースについて解説します。

17

働き方改革推進支援助成金(職場意識改善特例コース)の延長

5 3 及び 4 に基づく措置及び事業の実施の状況、成果を明らかにする書類を整備している事業主であること。 対象となる取り組み 「労務管理担当者に対する研修」「労働者に対する研修、周知・啓発」「外部専門家(社会保険労務士、中小企業診断士など) によるコンサルティング」「就業規則・労使協定等の作成・変更」など具体的に10項目が指定されています。 働き方改革推進支援助成金とはどんな助成金? 働き方改革推進支援助成金とは数年前から始まっている労働者の健康と生活を守り、多様な働き方に対応できるよう労働環境をよりよくしていくことを目的として、国が設けている助成金です。

働き方改革を支援する助成金一覧【2020年度最新版】

)を内容とする営業に限る。 デジタル式運行記録計の導入や更新• たとえば、時間外労働時間の短縮に対しては上限100万円の助成、所定休日3日以上の増加に対しては上限50万円の助成、1~3人の賃金を3%以上引き上げた場合には15万円の助成を受けることができます。 助成金の対象となるのは、以下の表の費用です。

6

新型コロナ対策で特別休暇制度を整備した事業者の支援制度「働き方改革推進支援助成金」、上限50万円で整備費用の3/4を助成

「職場意識改善特例コース」では、特別休暇制度を新たに整備の上、特別休暇の取得促進に向けた環境整備に取り組む中小企業事業主の皆さまを支援。

補助金・助成金情報

すべての事業場で、 時間外労働時間数を縮減し、 月60時間以下または 月60時間を超え月80時間以下に上限を設定し、労働基準監督署長に届け出を行う• それぞれの期日をよく理解しておきましょう。

9