大江 広 元。 大江広時とは

大江政広

北条時宗の娘 足利貞氏 北条宗政の娘 北条貞時 北条宗政の娘 北条時最 北条宗頼の娘 赤橋久時 赤橋守時を生む。

大江広元【鎌倉殿の13人が一人、鎌倉幕府政所初代別当】|ibis大百科

合戦当日、惣領の大江時茂は寒河江本城にあり、時茂の子で寒河江氏を継ぐべき立場の時氏は病のため吉川に保養中で合戦には出ていなかった。

6

大江親広とは

こちらの水は 湧水との情報もありましたが、どうも 伏流水のようです。 2年()• 参道の真ん中に大きくそびえ立つ杉の木で、元々は3本杉だったらしいですが、現在残っているのは1本のみです。 引用元: 参拝時間 参拝:参拝時間は自由です。

大江広時

羽柴勘十郎は寒河江高基の実弟であり、かれの奮戦に対して、押され気味となった義光は作戦をめぐらした。

28

大江親広とは

天穂日命の後裔、野見宿禰に始まる土師氏が、桓武天皇の遠戚(桓武天皇の実祖母が「大江家」の出)となるに因り、大枝朝臣姓を賜り、後に平城天皇から大江の姓を賜姓降下され、大江家の名声が一躍有名になる。

19

大江氏

『最上記』にみえる寒河江攻撃の段によれば、「寒河江の領主羽柴(橋間)勘十郎と申す大力無双の若者、山形にて討ちもらされたる十郎(白鳥長久)殿家来のものをあつめ大勢を率いて打ち出し働ければ、云々」とあり、最上勢がてこずったことがうかがわれる。 165• 女 - 天童修理の妻。

29

大江氏

当サイトに掲載されている写真・画像、その他商品名・番組名などは、各社の商標・登録商標・著作物です。

23

大江広時

最上氏の内紛 最上義定の死後、最上領を支配していた伊達稙宗であったが、最上諸将の抵抗に手を焼き、最上一族の中野氏からわずか二歳の義守を家督に迎えて山形城主とした。 に際しては、軍勢の召集や所領の訴訟において、広元が執権の義時とともに「連署」をした文書が存在する。