Gap 食材 を 使っ た おもてなし コンテスト。 ヤムイモ料理で受賞 オリ・パラのGAP食材コンテスト 東京農大宮古亜熱帯農場|ニュース|農政|JAcom 農業協同組合新聞

GAP食材等を使った「世界のおもてなし料理プロジェクト」@ホストタウンサミット

各チームの取組内容は特設のウェブサイト上で公開され,応援投票によってランキングが決定します。 3.島原市及び島原農業高等学校からの投票のお願い 投票のお願いチラシ1 投票のお願いチラシ2 4.コンテストの概要 コンテストの概要について. 福島市と福島明成高校のプロジェクトチームは、残念ながら受賞できませんでしたが、今回考案した企画は今後のホストタウン交流で活用していきます!投票で応援してくださった皆さん、ありがとうございました! 詳細は、のホームページをご覧ください。 当コンテストは、東京2020大会に向け、ホストタウンとして相手国の選手や関係者を「GAP認証食材」を活用したおもてなしをする企画を競うもので、本市は、ホストタウン相手国であるハンガリーへのおもてなしを想定して、同国との交流のきっかけである鯉を使った取組みを実施し、GAP認証取得している岩瀬農業高等学校とエントリーしました。

3

GAP食材を使ってカナダチームのおもてなし企画に取り組んでいます

東京農大宮古亜熱帯農場では、2017年にヤムイモのグローバルGAP認証を取得。

22

GAP食材を使ったおもてなしコンテスト 国務大臣賞 授賞

その企画や取組みを内閣官房オリンピック・パラリンピック推進本部事務局が主催となり,コンテストを実施するものです。 三重県は、全都道府県で唯一県立農業高校が全校参加し、最多となる5チームがエントリーしています。 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて、世界各国からホストタウンを訪問する各国・地域の選手等に、日本の食材・おもてなしの心のすばらしさを発信する標記コンテストに、スペイン王国(レスリング)のホストタウンである島原市と島原農業高等学校が参加しています。

17

GAP食材を使ったおもてなしコンテストで「1位の『大臣賞』」を受賞/鹿屋市

ヤムイモはミネラルやタンパク質のほか、ポリフェノールなどの抗酸化物質を多く含み、西アフリカやカリブ海などでは主食とされている。 02 岩手県 ~プロジェクトチームでコンテストに応募~ 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会においてカナダのホストタウンである盛岡市と,岩手県版GAPの認証を受けたりんごを生産している岩手県立盛岡農業高校が連携してプロジェクトチームを組み,「GAP食材を使ったおもてなしコンテスト」に応募しました。 ~「GAP食材を使ったおもてなしコンテスト」とは~ 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて,全国の農業高校等で生産している「GAP食材」を使い,ホストタウンの相手国の選手等をおもてなしする企画のコンテストです。

26

GAP食材を使ったおもてなしコンテスト!大臣賞受賞!!

お問合せ 盛岡市市民部スポーツ推進課 スポーツツーリズム推進室 TEL:019-603-8009 Email:sports-t city. 選考を通過した取組は、すべてWEBサイト上で公開され、国民投票によってランキング順位が決定します。

25

GAP食材を使ったおもてなしコンテスト 国務大臣賞 授賞

2000年に民間団体の欧州小売業組合 EUREP がEUREPG. 「GAP食材を使ったおもてなしコンテスト」応援投票が始まります 2019年12月16日 カナダのホストタウンである盛岡市と,岩手県版GAPの認証を受けたりんごを生産している岩手県立盛岡農業高校が連携してプロジェクトチームを組み,「GAP食材を使ったおもてなしコンテスト」に応募しました。 1 「GAP食材を使ったおもてなしコンテスト」とは 東京2020大会に向けて世界各国からホストタウンを訪問する各国・地域の選手等に対して、高校生等が生産するGAP食材を使った料理などによるおもてなしを発揮し、選手等に日本の食材・おもてなしの心のすばらしさを発信する取組です。