詐害 行為 の 受益 者。 最平46.11.19|詐害行為取消権の按分可否

もう少し詳しく 詐害行為取消権(債権者取消権)2

」 第425条 「詐害行為取消請求を認容する確定判決は、債務者及びその全ての債権者に対してもその効力を有する。 つまり,絶対的に減少したとは言えないのです。

20

もう少し詳しく 詐害行為取消権(債権者取消権)2

2 債権者は、転得者に対する詐害行為取消請求において、債務者がした行為の取消しとともに、転得者が転得した財産の返還を請求することができる。 ただし、その行為によって利益を受けた者又は転得者がその行為又は転得の時において債権者を害すべき事実を知らなかったときは、この限りでない。 原因を知りたる時より2年とは詐害行為を知った時から起算して2年(大判T2.12.10民録21-2039)、20年の経過は除斥期間であると解釈されている(通説)。

7

【詐害行為取消】転得者に対する詐害行為取消はどのような場合に認められる?受益者が善意で転得者が悪意の場合はどうなる?

これは、取引の安全を図るために要求されています。 二 債務者が,その行為の当時,対価として取得した金銭その他の財産について, 隠匿等の処分をする意思を有していたこと。

23

詐害信託とはどのような信託ですか?

このような状況下で、取消債権者により債務者の詐害行為が取消された場合、転得者は、せっかく受益者に100万円を支払って車を取得したのに取消債権者に車を渡さなければなりません。 債権者は、その債権がにより実現することのできないものであるときは、詐害行為取消請求をすることができない(424条4項)。

27

詐害行為取消権とは?|宅建試験対策用

このように詐害行為取消権の期間の制限を、行為の時から10年というふうに短縮したのは、詐害行為取消権は債務者の財産管理権に対する干渉であり、あくまで例外的に認められるものに過ぎません。

6

【詐害行為取消】転得者に対する詐害行為取消はどのような場合に認められる?受益者が善意で転得者が悪意の場合はどうなる?

権利行使期間の短縮など 詐害行為取消権の消滅時効は、現旧民法では債権者が取消しの原因を知った時から2年とされていましたが、改正民法では 債務者が債権者を害することを知って行為をしたことを債権者が知った時から2年と判例に従って正確に記載するなどしており(改正民法426条)、また 除斥期間が20年から10年に短縮されました(同条)。 例えば、債務者(X)が1000万円の債権を有する者(Y)に対し、2000万円の土地を代物弁済したものの、これが詐害行為取消請求によって取り消され、Yが2000万円の土地を返還することになったとしても、債務者にその判決の効力が及ばないとすると、YがAに対して有していた1000万円の債権は消滅したままのようにも思われます。

12

詐害行為で訴えられた時の救済策(弁護士解説)

そして,債務者を被告として訴えることはできません。 その確定判決の効力は、旧民法では、取消債権者と被告とされた受益者ないし転得者及び全ての債権者の利益のためにその効力が生じるとされ、債務者との間には生じないとされていました。 2017年改正の民法(2020年4月1日法律施行)で詐害行為取消訴訟の判決の効力を債務者に及ぼすことになったことから、債務者に反論の機会を与える手続保障のため債務者への訴訟告知が必要と改正された。

詐害行為の受益者に、時効援用権者としての適格性はあるか?

」 「二 その転得者が他の転得者から転得した者である場合 その転得者及びその前に転得した全ての転得者が、それぞれの転得の当時、債務者がした行為が債権者を害することを知っていたとき。 このような善意の受益者の取引の安全を保護するため,前述のような改正が行われたのです。

18