要約 の 仕方。 文章の要約

レポートで本や文献を上手に要約できる書き方のコツ

一貫した文脈。 たとえば、以下の文をパラフレーズしてみます。

文章の要約

67ページの上から14行目に 「基本的信頼感」の定義があります。 この読解力を高めるには「〇〇字要約」というトレーニングがおすすめです。 (画像で解説してくれました) まず段落に番号をふり、キーワードをハイライトしながら全体を読みます。

要約の仕方にもコツがある(その1) 作文教室とオンラインスクールの言葉の森/公式ホームページ

このように正しい要約をすることで、過不足なく論じることができるだけでなく、自分自身の文献への理解が深まりますので、ぜひやり方を身につけてください。

2

要約の仕方にもコツがある(その1) 作文教室とオンラインスクールの言葉の森/公式ホームページ

とりあえずは、記事に書かれている出来事、意見が、ザッとわかれば大丈夫です。

16

良い要約の書き方を教えてください。

補足はバッサリ切り捨てる それぞれのポイントを深掘りしますね。 最後に、この本のいちばん言いたいこと、キャッチフレーズとなる一文をつくり、趣旨説明の冒頭に書き入れます。 ですから、 「主語と述語を正しく読みとること」が読解力の基礎と言っても過言ではないのです。

4

【要約難しい】文章要約のコツ5+簡単な書き方【本・物語・小論文】

とりあえず当てはまりそうな意味を当てて先に進みます。

15