ある 奴隷 少女 に 起こっ た 出来事。 ある奴隷少女に起こった出来事 « 日本共産党 山口県議会議員 藤本かずのり

『ある奴隷少女に起こった出来事』

」と陳腐な二言でこの本を語り、「とても感動的であるとともに神秘的だ」という。 」 「奴隷の女もほかの女も同じ基準で判断されるべき」ここに堀越さんのいう正しい思想や真実があると私は感じました。 幼くして好色医師フリントの所有物となり、15歳で性的関係を迫られ、そこから逃れるために別の白人男性との間に子供をもうける。

21

200年前に生まれた「奴隷少女」の手記はなぜ現代でベストセラーになったのか

白人が悪人、黒人が善人という二項対立での記述はなされていない。 しかし、この邪な制度に起因し、蔓延する道徳の破壊に気づいている奴隷所有者は、ほとんどいない。

2

ある奴隷少女に起こった出来事 あらすじと感想

…奴隷の少女である限り、人間のかたちをした悪魔のような大人から加えられる辱しめ、暴力、死から、わたしたちを守ってくれる法律など、どこにもなかった。 35歳も年下の少女に卑猥な言葉を投げ掛け、脅し賺し宥め自由にしようとは、どれだけ卑しいことか。 日本にはない制度なのでそれほど関心もなく、なんとなく知ってる程度でした。

27

ある奴隷少女に起こった出来事

仕事は友人の紹介もあり乳児の世話をする仕事にありつくその母のブルース夫人と仲良くなる。

『ある奴隷少女に起こった出来事』

私はアメリカで高校と大学院を卒業しましたが、そのときまでこの本の存在は知りませんでした。

「ある奴隷少女に起こった出来事」 米の古典に重ねる現代の階層社会 翻訳の堀越ゆきさん (1/2ページ)

リンダは生活に満足してるようにふるまった娘は生活に順応できず体調を崩したりした。 1861年に初めて出版されたとき、当初はペンネームでの上梓であり、また当時としてはかなりショッキングな内容であったため、知らず知らずのうちにフィクションの作品と思われ、さほど注目も集めなかったという本書。

数奇な運命をたどった本 『ある奴隷少女に起こった出来事』

フリント家での最初の数年間は、ご主人の子どもたちと同様に、子どもらしいわがままも多少は許されていた。

19

2世紀近く前の米国と現代米国、そして日本〜ハリエット・アン・ジェイコブズ『ある奴隷少女に起こった出来事』

肌の色でこれほど違った境遇になってしまうのか。 そういう本だ。 屋根裏で過ごした7年間とか想像に耐えかねる。

29

『ある奴隷少女に起こった出来事』(ハリエット・アン・ジェイコブズ)の感想(79レビュー)

7年間の屋根裏生活も、彼の目を避けるためで、その後、南部から北部に逃げても、何度も探しに来るような状態。

18