電子 制御 装置 整備。 【図解】対応を迫られる自動車整備業界。自動運転時代を前に変わりゆく業界の“今”(2)

【図解】対応を迫られる自動車整備業界。自動運転時代を前に変わりゆく業界の“今”(2)

先取りして保安基準の適用を受けている車両は確認が必要となる だが、ここでややこしいのは、少なくとも現時点では、「運行補助装置」は衝突被害軽減ブレーキとレーンキープアシストのみがそれに該当する。 現実的に認証取得が難しいケースがあることも想定されるため、点検整備場と車両置場については、認証取得事業者と共用することを認める。 ASVは「衝突被害軽減ブレーキ」「ふらつき注意喚起装置」「車線逸脱警報装置」「車線維持支援制御装置」等の装置を指します。

30

Seibiiマガジン|特定整備

従来の「分解整備」に対する「特定整備」の変更内容 では、この「特定整備」制度の運用が開始されたことで、私たちユーザーのカーライフはどう変化するのか。 これから受けられるという方は 上記の赤文字の部分をよく読み理解することで合格率が上がるかと思います。 それが「自動運行装置」の項目として車検の検査項目の中に入れるということを議論している最中となっています。

13

Seibiiマガジン|特定整備

特定整備記録簿の書き方の例は からご確認いただけます。

電子制御装置整備認証?!ふざけてませんか?

ADAS搭載車が発売されてからもう20年以上、ADAS普及の火付け役となったスバルの「アイサイト」やダイハツの「スマートアシスト」が市販されてからも10年前後経っているが、ADASを司るセンサーの不具合による事故はすでに起こり始めている。 それぞれの用語について見てみましょう。

11

電子制御装置整備(特定整備)の主任者資格試験(試問)の対策、予習

点検の対象となる警告灯は、原動機、制動装置、アンチロックブレーキシステムの警告灯、エアバッグの一部、衝突被害軽減制動制御装置、自動命令型操舵機能及び自動運行装置に係る識別表示とする。 資格要件 内1人を整備主任者として専任しますが、その主任者の条件は以下のどちらかです。

2

<自動運転時代の整備を支える「特定整備制度」スタート【2】> 「自動車整備」はどう変わる?特定整備制度の概要と電子制御装置整備について

運航の大半を自動操縦でまかなう航空機では入念な点検整備は不可欠であり、システムが運転タスクを実施する自動運転車において、機械が事故を起こさないための点検整備の重要度が増すことは自然なこととも言える。 構内外注の扱いについて 「構内外注」の例として、 認証工場に自動車ガラス修理業者等が出向き、交換作業を行う場合がある。 OBD車検に伴って、やはり、国からメーカーの方に情報の開示を求めています。

18

【解説】特定整備制度説明会の詳細

2 平滑な作業場の確保 エーミングの作業を行う時は水平な場所で行う事が必須なのですが指定工場ではない限り水平な場所はなかなか無いですよね? なので平滑な作業場でも大丈夫です。 1 自動運行装置 自動運行装置の取り外しや、作動に影響を及ぼす恐れのある整備や改造 2 衝突被害軽減装置 自動ブレーキやレーンキープ機能に使われている前方センシングのためのカメラ等の取り外し、コーティング作業や光軸調整などの機能調整 3 自動命令操舵装置 1 2 の作業に関するカメラやレーダー等が取り付けられているバンパー、グリル、窓ガラスの脱着 特定整備では電子制御装置整備だけでなく、従来の分解整備も併せて行います。

19