住専 問題。 住専問題とは何だったのか|しまね協同のつばさ|シリーズ|JAの活動|JAcom 農業協同組合新聞

CUCマガジン:時論 > 2018年度 > 「住専問題」を振り返る

大手行のダミーとなって、危ない融資先に貸し込んでいったのである。

26

《住専》 興銀が大蔵省の支離滅裂行政を法廷で内部告発

この「員外規制」とは、組合員の利益を保護する立場から業種を問わず組合員以外に対する融資を組合員向け融資の 2割以下に制限しなければならない規制であった。

住専問題でつまずいた平成の鬼平 市民派弁護士・中坊公平の死とその素顔

そしてバブル崩壊が決定的になると住専への融資そのものを引き上げ、その肩代わりとして農協に目をつけたのだ。

住宅金融専門会社とは

そのほかの著書として『 』(朝日新聞出版、2017年11月)、『 』(朝日新書、2011年6月)、『 』(現代人文社、2004年4月)がある。

住専処理策について

金融機関の破綻には細心の注意を払わねばならなかったが、「破綻慣れ」していた大蔵省、日銀、メディアは虚を突かれた形となった。 住専は預金業務を取り扱うことができないため住宅ローンの資金源の調達は住専の設立に関わった銀行(母体行)からの借り入れに頼っていたわけだが、その銀行からの借り入れに頼っていた住専が金利面で民間銀行に勝てるわけがない。 住専処理機構とは...? 住専処理機構とは、住専問題の早期処理を図るため、今回、法律により新規に設立される組織です。

11

【住専問題】って何でしょうか?

いわゆる、母体行による「紹介融資」である。 この結果、銀行等の金融機関から住専に融資される資金は抑制されたが、、農協系金融機関は対象外とされたため、農協系金融機関から住専に多額の資金が流れ、それが不動産投資会社などへとさらに資金が流れることとなった。

3

金融危機から20年:その教訓は何か

- NHKアーカイブス(日本放送協会)• 「貸し手責任論」(母体行も含めた住専の貸し手が、貸し金に比例して損失を穴埋めすべき) が対立したが、結果的には両者の中間を採る形で最終処理がなされた。 成績は優秀だったようですし。

17

住宅金融専門会社

住宅金融専門会社の不良債権問題から見る日本の金融システムのあり方 序章 日本の金融体制は、過保護行政、密室的行政、護送船団方式を行っており、「日本型金融システム」などと呼ばれている。 しかし、それがなぜ大きな問題だったのでしょうか。