電磁 的 公正 証書 原本 不実 記録。 文書偽造罪とは

離婚届を勝手に出すと犯罪です

まずは『公正証書』のうち,物理的な紙(紙)でできたものの代表例は,登記簿・戸籍簿・住民票の原本です。

刑法第157条

第5 結論 以上のとおり,本件における11億4680万円の株式の払込みは全額について無効であり,被告人らの故意も認められるから,被告人らには,判示のとおりの,同供用罪が成立する。

11

不起訴処分について

電磁的公正証書原本不実記録罪は、未遂でも処罰されます。 なぜなら、刑法第246条第2項の「人を欺いて財産上不法の利益を得た者」の欺罔の相手は財産上の処分行為者でなければならないので、欺罔の相手は市町村の納税課等の固定資産税事務担当者でなければいけません。 そこで,それらのことを踏まえて本件をみるに,関係各証拠によれば,上記質権設定の時点において,E及びHは,いずれも自力で質権を解除できるような財務状況にはなかったことが認められる上,上記第2の4 2 のとおり,現に,被告人Cは,質権解除のための資金を調達することができず,Dにおいて,LのEに対する6億4680万円の貸付金を代位弁済せざるをえなかったのであって,これらのことからすれば,本件において質権が設定された6億4680万円の預金債権は,Dの実質的な資産と評価しえなかったものと強く推認される。

10

公正証書原本不実記載罪・電磁的公正証書原本不実記録罪とはどのような罪か

そして,Dは,同年7月28日,T証券との間で,Eとの資本・業務提携に関するアドバイザリー契約を締結し,その後の協議を経て,Eを引受先とする第三者割当増資を行うことを決めた。

2

刑法第158条

さらに、変造(変更を加える)でも同じ刑なので、相手が自署押印した離婚届を受け取ってから、相手の意思に反する内容に改ざんしても同じ扱いがされます。 そして,平成15年2月に着任した同支店の支店長から,例年5月ころと11月ころの2回にわたって無担保融資を受けていたいわゆる季節資金以外には新規融資は行わない旨通告されていたため,経営改善に向けた新店舗立ち上げなどの新規事業計画も行えない状況にあった。

24

【公正証書原本不実記載等罪の基本(条文と公正証書の意味)】

したがって,Aらの弁護人の上記主張は採用できない。 電磁的公正証書原本不実記録による損害はありました。 仮に離婚届の偽造から、十分に間を置いて提出したとして、有印私文書偽造罪の時効が成立してしまったとしても、偽造私文書行使罪の時効は離婚届が出されたときから進行しますし、有印私文書偽造罪と偽造私文書行使罪は刑が同じだからです。

6

(電磁的)公正証書原本不実記録罪・同供用罪等の成否について 土地や建物の登記に関して、実際の面積よりも小さい面積を書面にかいて登記した場合 同罪が成立しますか?

>土地や建物の登記に関して、実際の面積よりも小さい面積を書面にかいて登記した場合 お察しのとおり、電磁的公正証書原本不実記載罪が成立します。 からまでの文書若しくは図画を行使し、又は前条第1項の電磁的記録を公正証書の原本としての用に供した者は、その文書若しくは図画を偽造し、若しくは変造し、虚偽の文書若しくは図画を作成し、又は不実の記載若しくは記録をさせた者と同一の刑に処する。