サスケェ お前 は オレ にとって の 新た な 光 だ。 うちはイタチの名言

うちはイタチの名言

サスケェ お前 は オレ にとって の 新た な 光 だ

お前は俺にとって何処までも追いかけてくるストーカーだ!! 人は誰もが己の知識や認識に頼り、縛られ、生きている。 サスケってサスケェって呼ばれることの方が多くないだろうか 筆者は最近までナルトが何度も何度も「サスケェ」「サスケェェェ」などと呼ぶためそれがネタにされたのかと思っていた。 アニメa0b1c2d3e4f5a0b1c2d3e4f5NARUTOa0b1c2d3e4f5a0b1c2d3e4f5音MADa0b1c2d3e4f5a0b1c2d3e4f5第78回音MAD晒しイベントa0b1c2d3e4f5a0b1c2d3e4f5ナルトスa0b1c2d3e4f5a0b1c2d3e4f5ナルトス再現MADa0b1c2d3e4f5a0b1c2d3e4f5アンハッピーセットa0b1c2d3e4f5a0b1c2d3e4f5おもちゃのチャチャチャa0b1c2d3e4f5a0b1c2d3e4f5チャクラ宙返りa0b1c2d3e4f5a0b1c2d3e4f5吹いたら犠牲a0b1c2d3e4f5a0b1c2d3e4f5サスケはおめーのオモチャのチャチャチャa0b1c2d3e4f5a0b1c2d3e4f5 グリンさんの投稿動画一覧a0b1c2d3e4f5a0b1c2d3e4f5a0b1c2d3e4f5a0b1c2d3e4f5a0b1c2d3e4f5a0b1c2d3e4f5a0b1c2d3e4f5a0b1c2d3e4f5a0b1c2d3e4f5a0b1c2d3e4f5a0b1c2d3e4f5a0b1c2d3e4f5a0b1c2d3e4f5a0b1c2d3e4f5a0b1c2d3e4f5a0b1c2d3e4f5a0b1c2d3e4f5a0b1c2d3e4f5a0b1c2d3e4f5a0b1c2d3e4f5a0b1c2d3e4f5a0b1c2d3e4f5a0b1c2d3e4f5a0b1c2d3e4f5a0b1c2d3e4f5a0b1c2d3e4f5a0b1c2d3e4f5a0b1c2d3e4f5a0b1c2d3e4f5a0b1c2d3e4f5a0b1c2d3e4f5. 」 デイダラ「旦那ァ!! 何故弱いか…足りないからだ……憎しみが… サスケェ!! お前はオレにとっての新たな光だ! キャラクター 一覧• 言葉は何も不自然ではないがその表情はあまりの変貌ぶりに顔芸と評されネット上で長くネタにされることになった。 実際にはこの後穢土転生されるが 今まで悪を演じ続けてきたイタチも最後くらいは本音を吐きたかったのだろうが、せめてこの言葉がなければサスケはトビの話を簡単には信じなかったかもしれない。 お前は俺にとって弥彦の敵だ!! 火影になった者が皆から認められるんじゃない、皆から認められた者が火影になるんだ 巨大な力を手に入れ全てを自分で行おうとしたナルトにかつての自身の姿を重ねて戒めた名言。 仲間と助け合い支え合うことの大切さを知っていながらも力を持ってしまったがゆえにそれができなかったイタチだからこそ言えた名言なのだろう。

次の

サスケはおめーのオモチャのチャチャチャ [ニコニコあっぷる]

サスケェ お前 は オレ にとって の 新た な 光 だ

」 オビト「カカシィ!! うちは一族でも抜きんでた実力者。 ナルトス ナルトスとは、のにて、「」ッド名・・・だったものである。 さすがにやらかしてしまったが週刊連載のため書き直す時間がなかった岸本先生の苦肉の策だったのかもしれない 笑 後にわかることだがイタチが本当に心の中でこんなことを思っていたはずもなく、イタチはむしろ倒された後サスケが自分の眼を移植するよう促すため永遠のについて教えていたため、ここでもサスケはイタチの幻術を見破れていなかったのだろう。 お前は俺にとってとれた首を縫い合わせてくれるサポート役だ!! 木ノ葉が本格的に暁討伐を始める中、ついにうちはの聖地にてサスケと激突、サスケに万華鏡写輪眼の真実を話し、永遠の万華鏡写輪眼を得るためサスケの眼を奪うと宣言してサスケに挑みかかり、その戦いは熾烈を極め、ついに「月読」「天照」などの大技を使用、共にサスケに回避されるが、すでに病に冒され薬で無理矢理延命していた体は限界に達しており、「天照」の使用後は、戦闘中に何度も吐血しながらも、サスケの切り札の術である「麒麟」を「須佐能乎」で退け、サスケのチャクラ切れの隙を突いて「八岐の術」で再生した大蛇丸を、須佐能乎の能力「霊剣・十拳剣」で完全封印、身動きのとれなくなったサスケを追い詰めるが、眼を奪うことはせず、笑顔を見せながら「許せサスケ、これで最後だ」と言い遺し、サスケの眼に天照を仕込んだ後、遂に力尽きて、この世を去った。 かつての木ノ葉隠れ時代は、7歳でアカデミーを首席で卒業、8歳で写輪眼を開眼させ10歳で中忍に昇格し、その後まもなく暗部入りを果たすという異例の出世を遂げており、13歳の時には暗部の部隊長を務めていた。 伊達先パイにおけるサスケェ 週刊少年ジャンプで2012年41号から2013年10号まで連載されていた「烈!!! 長門のに焦るナルトとビーに対し冷静に術を分析し突破口を見出そうとしたイタチの名言。 出典:NARUTO-ナルト- 巻ノ四十二 131ページ 著者:岸本斉史 サスケェとは サスケェとはが弟であるに向かって「サスケェ!お前はオレにとっての新たな光だ!」と言い放った一コマで、普段は寡黙で無表情なイタチがあまりの顔芸を披露したためコラ画像のネタとされてしまった。

次の

【PHP】サスケェ!お前はオレにとっての新たな光だ!(ズンドコキヨシリスペクト)

サスケェ お前 は オレ にとって の 新た な 光 だ

何故弱いか…足りないからだ……憎しみが… イタチが里に帰ってきたことを聞きつけ復讐に向かっただったがの瞳術・月読の前にあえなく破れてしまう。 お前は俺にとって新たな心臓を得るためのターゲットだ!! 特に終末の谷でナルトとサスケが戦った際のナルトのセリフは「サスケェェェ」ばっかりだった気がする。 アンタは俺にとって先輩芸術家として尊敬する相手だ!!。 ある日、うちはシスイの殺害容疑をかけられ、そしてその数日後、父母は勿論、一族(そして住んでいた町の住民)全員を殺害した。 13歳の時には暗部の部隊長を務めていた。

次の

【NARUTO・ナルトス】オレオ

サスケェ お前 は オレ にとって の 新た な 光 だ

アナタは私にとって新たな肉体となる器よ!! イタチは里を影から支え、火影の器をも持ちえた優秀な忍だったが、それ以前に優れた兄でもあったことがわかる。 四であることと、相性の良さばしばとして利用される「」に掛け合わせて「ナルトス!」や「なるとす!」と呼ばれることもあり、題字も作られている。 少年漫画のセリフとは思えないその哲学じみた深みはイタチの放った言葉の中でも特に名言というにふさわしいだろう。 そういえば、久しぶりにdo-while使ったな。 忍術・体術・幻術全てにおいて秀でている。

次の

「NARUTO」サスケ対イタチ戦におけるイタチの、「サスケェ!!お...

サスケェ お前 は オレ にとって の 新た な 光 だ

名言というより迷言。 そのため、当初はを総じてナルトスと呼称されていた。 己自身を認めてやることが出来ないやつは失敗する。 自分が何者かを知りたければ本当の自分を見つめ直し認めることだ。 お前は俺にとっての唯一の好敵手だ!! 」 カブトだけ少し浮いちゃいましたかねw. 里のため、そして弟のために非常に徹し、一族殺しの罪を背負いながらも一片の弱みも見せず最後まで悪人を演じ続けた。 」 補足について 大蛇丸「サスケェ!! はナルトスのな・・・。 その光景を目の当たりにしたサスケに「自分を殺すまで強くなれ」と挑発し、復讐の念を抱かせる。

次の

【PHP】サスケェ!お前はオレにとっての新たな光だ!(ズンドコキヨシリスペクト)

サスケェ お前 は オレ にとって の 新た な 光 だ

簡単なプログラムですが、まだまだ改善の余地はありそうです。 7歳で忍者学校を主席で卒業、8歳で写輪眼を開眼、10歳で中忍に昇格している。 。 お前はこの僕に何をしたァ!? 知識や認識とは曖昧なモノだ、その現実は幻かもしれない。 」 サスケ「ナルトォ!! 第四次忍界大戦で薬師カブトの穢土転生によって長門と同様、二大戦力として蘇生され、カブトの目論みに利用される形で長門と共に行動していた所で、うずまきナルトとキラービーの2人と接触、穢土転生で自身が蘇ってしまったことは完全な想定外ではあったものの、ナルトに託していたシスイの万華鏡写輪眼「別天神」に仕込んだ「木ノ葉を守れ」という命令の幻術で穢土転生を打ち消し(この口寄せ烏は、「イタチの写輪眼」をナルトが見ることで出現するよう組まれていた)、カブトの制御から逃れた。

次の

【PHP】サスケェ!お前はオレにとっての新たな光だ!(ズンドコキヨシリスペクト)

サスケェ お前 は オレ にとって の 新た な 光 だ

同胞殺しの極悪人とされたイタチが放ったこの言葉は彼を謎めいた人物たらしめる最初のセリフだったといえる。 寡黙でミステリアスだからこそ一つ一つの言葉に重みがある、そんな彼の名言を特集してみた。 うちはサスケの実兄。 概要 出典 木ノ葉隠れの里の抜け忍。 」 サソリ「カンクロウゥ!! では、化した「」のが出て以降、「」「」などのも増え、としてのナルトスと、についてるナルトスレはがなされる結果となったのだ・・・。

次の

サスケェ

サスケェ お前 は オレ にとって の 新た な 光 だ

キャラ: うちはイタチ 声優:石川英郎 アニメ: 原作:岸本斉史 ジャンル:忍者、 制作: 放送局:系列 放送時期: 【プロフィール】 木ノ葉隠れの抜け忍で、暁のメンバー。 なお、ナルトスなのにはいまいちにならない。 うちは一族の血継限界「写輪眼」の究極形で、過去に数人しか開眼させた者がいないという「万華鏡写輪眼」を持つ。 暁に入ってからは干柿鬼鮫とツーマンセルを組む。 概要ェ! のには「カタ」と呼ばれるの機があり、カタ上での各の表示される項は画像と本文の冒頭4、そして数となっている。 」 飛段「角都ゥ!! 俺の右半身はお前を助けるために犠牲になったのだ!! 明らかにこのネタを意識したのだろう。 お前は俺にとって父母の傀儡を託す新たな後継者だ!! そして、サスケだけは殺さずに里を抜ける。

次の