香川 ゲーム 禁止。 香川県議会の「ゲーム時間制限」案に反発多数 山田太郎氏も「あまりにも問題が多い」: J

香川県の「ゲーム禁止条例」は何が問題なのか?

たしかに、WHOにより、「ゲーム障害」が疾病として認定されたのは事実ですが、障害の実態は「依存」そのものであり、アルコールやタバコのように、 身体の健康を害するものではありませんし、単純にゲーム時間の規制を行っても依存症の人からは反発を招くだけです。

25

香川県のゲーム禁止(利用時間制限)条例はいつから?罰則はある?

香川県は、条例の附則において、施行後2年を目途に施行状況等を勘案し、必要があれば措置を講ずるとしている。

28

【悲報】香川県のゲームは1日1時間条例が可決→ポケモン対戦で「香川県読みTOD」が産まれてしまう…

当初の素案では、スマホなどの使用時間を具体的に制限。

12

【悲報】香川県、ゲーム禁止条例を可決してしまう「うどんでもこねてろ定期」「いっぽう北欧はマイクラを初等教育に導入」「老害の時代錯誤の極みやな」

「お酒やタバコなど体に害を及ぼす可能性があるものは、厚労省が摂取の目安を公表しているが、ゲームにはそれがない。

1

香川県が「ゲーム規制」に必死になる根本原因

素案では1日60分、休日は90分までの使用制限対象が「スマートフォン等」と示されていたが、上などから批判が相次いだことを受けて、後に対象が「コンピュータゲーム」へ変更された。 県議会はこの条例の素案に対するパブリックコメントを県民と全国の事業者を対象に募ったが、通常1ヶ月以上の期間を半分の2週間に設定。

【なぜ、それが起こったのか?】香川県の「ゲーム規制の条例案」について【脊髄反射は、必要ない】

ゲームをしたら100%中毒者になるのなら禁止の意味がありますが、 多くの場合適切につきあえるわけです。

27

香川ではなぜゲーム禁止条例を?内容や目的は?罰則はある?

話題となった、このできごと。 ネットやゲームについて親が地道に勉強し、子供を信頼し、時には争いながらも、向き合うしかないのではないでしょうか。

13

イチから分かる 香川県ゲーム規制条例を解説 「賛成8割」に飛びついたメディアの“反撃”に注視(河村鳴紘)

他地域の議員は、管轄外の条例に口を出さないのが普通ですが、多くの議員がその姿勢に対してツイッターで批判を浴びせました。

香川県ネット・ゲーム依存症対策条例

そうした害から子供を未然に守るため、一定のルールは必要である」として、香川県における試みを評価し、肯定的な見解を示している。 本当にこどもたちと香川県の未来を考えるなら、よく議論されるべきです。 検討会では賛成派の意見として、「依存症を減らせるきっかけになればいい」「時間を区切ることが節度ある生活習慣につながる」「60分の制限時間は妥当」などが挙げられ、反対派の意見として、「長時間没頭したら危ないのはゲーム以外でも同じ」「各家庭のしつけやルールの問題で、行政が介入すべきではない」「制限時間の根拠が明らかではない」などが挙げられた。