ハリー ポッター ダドリー。 『ハリー・ポッター』ダドリー・ダーズリー役ハリー・メリングが語る、俳優としての分岐点は体重の減量だった

『ハリー・ポッター』ダドリー坊や役は現在、名バイプレーヤーとして大活躍している

才能 [ ] 学問はあまり好まないため教科によってむらがあるが、ほとんどで成績は平均よりも良好。 おじさん: また会うこともないんだろうな。 ハリーは『ハリー・ポッター』シリーズの撮影が終了した後、ハリーはかなりの減量に成功した。

21

ダドリー・ダーズリー(ハリーポッターとの和解と握手と仲と関係・その後他) | ポッターポータル PotterPortal

以後、ダドリーを溺愛する一方でハリーを冷遇するが、それでも11歳になるまで自宅で育てていた。 そして9月1日、ホグワーツ魔法魔術学校に入学する。 その様子はからと評されるが、当の本人達は全く自覚していない。

20

ペチュニア・ダーズリー (ぺちゅにあだーずりー)とは【ピクシブ百科事典】

(フレッドとジョージの悪友)• 心優しい少女だったが、6歳のころに魔法を使っているところをマグルの少年たちに見られ、暴行を受ける。 このことから、彼が「何か」を盗もうとしているのでは?という疑問が沸き起こった……。

『ハリー・ポッター』ダドリー役ハリー・メリング、 1950年代NY舞台のロマンス映画に出演 ─ デミ・ムーア共演、『ジョン・ウィック』製作者が参加(2020年10月30日)|BIGLOBEニュース

太っちょダドリーの印象が強いメリングだが、いまやその体型は見違えるほどスリム。 次に、ペチュニア・ダーズリーについては根深い側面があり、実は、リリーに対する嫉妬が原因です。 第7巻ではリリーが遺したハリーの保護魔法が切れることにともない、死喰い人の手から逃れるために家を離れての保護下に入る。

5

ハリー・ポッター (架空の人物)

そんなこともあってか、互いに嫌い軽蔑し合うほど険悪だったハリーも心底ダドリーのことを嫌っていたわけではなく、物語終盤には和解している。 その功績から、とともにホグワーツ特別功労賞を贈られる。 slideshow-slide-product-review-retailer u,. slideshow-slide-product-review-retailer u,body u,. 1970年の後半、ロンドンのタイピングの講座を受講し、後に就職。

28

ダドリー・ダーズリー (だどりーだーずりー)とは【ピクシブ百科事典】

妻のペレネレとともにデボン州に居住するオペラ愛好家で、第1巻の時点では665歳。 ヘンリー・ショー・シニア 演 - 日本語吹き替え - ノー・マジで、アメリカの新聞王。

26