ピーマン コンパニオン プランツ。 ピーマンのコンパニオンプランツは?植える時期と育て方のコツ

コンパニオンプランツの基本と効果的な一覧。実践法も図解で徹底解説

<インゲン> 日光を好み、水分や肥料分を多く必要とするピーマンに対し、 浅い位置に根を伸ばすインゲンは、半日陰でも育ち、 根粒菌(こんりゅうきん)と共生するため、養分が少ない場所でもよく生育します。 また、異なる種類の野菜が育つことで、生物相が豊かになり、特定の病原菌の増幅を防いでくれる効果もあります。 単独で育てた場合よりどちらも生育が良くなる。

12

コンパニオンプランツまとめ

そうなると収穫は激減。

5

ピーマンのコンパニオンプランツは?植える時期と育て方のコツ

しかし、ほとんどは植物分類学上の「科」ごとに性質が似ているため、それらの傾向を覚えておくと応用することができます。 種からスタートさせたい方は、先にポリポットなどで育苗しておきましょう。

ピーマンの育て方の特徴と苗の植え方について!コンパニオンプランツについても!

害虫忌避と病気対策にもなるネギは成長しても草丈が高くならないのでピーマンへの日照を遮ることもありません。 <バジル> バジルはピーマンの害虫である、 ニジュウヤホシテントウを予防してくれる効果が期待できます。 敷きわら・マルチがおすすめ ピーマンは根が浅めの野菜ですので、乾燥や気温が高いと傷みやすくなります。

9

ピーマン畝の混植(コンパニオン・プランツ)

さらに、成長した時にブロッコリーやキャベツの葉の日陰にレタスが来るように工夫しています。 ハーブはアレロパシーで野菜の生育を抑制するものがあるので注意。

ピーマンのコンパニオンプランツ

しかし、お互いよい影響を与えあう異なる植物同士を一緒に植えることで、特定の虫が過剰に発生したり、病気が一面に広がったりしてしまうことを防ぐことができます。 ゴーヤ同士の間隔は30cmくらいあける• コンパニオンプランツとは 種類の違う植物同士を近くに植えたり、 一緒に植えたり (混植)することで 病害虫の発生を防いでこくれる効果があったり、 生育が良くなったりする効果があって、 互いに良い影響を与え合って共生する植物のことを言います。

14