エロ 小説 クリトリス。 【エロ小説・SS】クリトリスが敏感過ぎるのでクリニックで診てもらう事に

【エロ小説・SS】妹にクリトリスを責められてクリ奴隷に調教される姉

ひたすらクリトリスをちんちん扱いして潮吹き強要。

くりらぶ : エロ小説

だけど、こっちの要望なんてお構い無しな、ヤりたいだけの人ってのが多い。 ゆっくり待つかなー・・・。 この下半身の心細さが快楽を高めてくれる。

10

クリトリスを器具攻め! 1

「それはなんだい?」 「これっすか? これはー、クリの皮を剥いて、そのままにしとくためのクリ ップですよ」 とっくに見当はついているだろうに、しらばっくれて聞いた佐々木に、店員は 軽い口調で気安く答え、クリップを己の指に挟んで説明を始めた。 お兄ちゃんとほとんど一緒なんだもん。

12

クリ責めエロ小説「えろもじ」デカクリを淫語で言葉責め/クリフェラ/クリオナホ調教

でももしそうなったなら、麻衣は今のような好意を千賀子には向けてくれないだろう。 ・・・もう片方の手で、大きめの筆を用意して、それをビーカーの中の液体に浸ける。

16

クリトリスを器具攻め! 1

あ、あと、先にお金もらえますか?」 「わかった」 その返事が、なんだか急に雰囲気が変わった気がして。

【エロ小説・SS】教え子のクリトリスをシャワーや筆を駆使して執拗に責める変態教師 4発目

燃え滾るマグマのような官能が、少女の身体の中に滾って、それは下腹部に甘 く切ない熱を生んだ。

14

くりらぶ : エロ小説

勝手にドアを開けてずかずかと上がり込むと、そこに、予想外の人物がいた。 普段の仕返しのつもりでついいじめきってしまったが … 後のことを全く考えていなかった。 その度に腰がぞくぞくして、イキ続けた。

5

クリ責めエロ小説「えろもじ」デカクリを淫語で言葉責め/クリフェラ/クリオナホ調教

麻衣の顔は真っ赤で、とろけていて、なんとも扇情的だ。 しばらくゆっくりと吸い込んで、とろとろになっちゃってね~。

28