損保 総研。 株式会社モスト総研

ERMに関する意識調査

今回はその説明資料のなかに、 「マイナス金利下における収益管理とリスク管理」 というスライドがあり、ERMのPDCAサイクルが 示されていました。

現代の損害保険 〔第3版〕損保総研推薦図書

要するに、「ERMは人事評価に反映されたり、ERM的な考えが上司の指示に見えてきているけど、経営としてERMが本当に重要なのかどうかは半信半疑」と考えている3メガ損保の社員がかなり存在するいうことになりますね。 ERMを構築するうえで、ERMを支える企業文化、すなわち、リスクや収益の概念を軸とした議論や意思決定を行う企業文化を、経営陣だけでなく役職員全体に浸透させることは、ERMの構築を進めるうえで最も重要かつ難しい取り組みだと思います。 5%と他の属性よりも高い(その他国内損保は18%、外資系は16%)ことから、浅井先生は論文のなかで、「ERMは3メガ損保にとって特に重要であることが確認できる」と分析していますが、私はむしろ「わからない」という回答が4割近くを占めることに興味を持ちました。

9

株式会社モスト総研

[東京オフィス] 〒108-0014 東京都港区芝5-20-7 グランドメゾン三田202 TEL:03-6453-7207 FAX:03-6453-7208• このようなプラス・スパイラルを具現化したいという思いが、2002年にモスト会を立ち上げる原動力となったのです。

7

奈良の保険代理店 保険総合研究所/保険クリニック奈良店

お互いが研磨・研鑽をして進化していく。 今号の掲載タイトルと執筆者は下記のとおり。 ご関心のあるかたは、ぜひお越し(?)ください。

14

損保総研 「損害保険研究」第80巻第4号を発刊

同じ質問に対し、「重要である」という回答割合が3メガ損保の社員では31. 同誌の発刊は5月、8月、11月、2月の年4回。

13

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、MS&ADインターリスク総研、健康経営支援保険を発売

講座のテーマである保険会社のERM経営ですが、 直近に開かれた各社の投資家向け説明会でも ERMの推進が引き続き経営の重要な関心事項と なっていることがうかがえました。 他方で、「貴社におけるERMの位置付けをどのように評価されますか」という質問に対しては、クロス集計表によると、「わからない」という回答が3メガ損保の社員でも38%に上っています(全体では43%)。 2019年2月21日、損保総研【名称:公益財団法人損害保険事業総合研究所 理事長:佐野清明】は、2019年2月25日に機関誌「損害保険研究」第80巻第4号を発刊することを発表した。

30

奈良の保険代理店 保険総合研究所/保険クリニック奈良店

本書は、新入社員のみならず、実務経験を重ねた中堅社員の皆さま、代理店経営者の皆さまにもぜひご一読いただきたい1冊です。

21

株式会社モスト総研

他の損保でも同様な情報提供が見られます。 この商品は、「万一の補償(ケガや病気により働けなくなった場合の収入を補償等)」に加え、「予防(アプリ)」「コンサルティング」の3つの機能を提供する。