自由 民権 運動 まとめ。 57.自由民権運動

歴史5-11 自由民権運動(まとめ)

民主とは国民を主体とした政治のことであり、王の頭に釘を打つとは世の中を収めている天皇や政府を打ちのめすということを暗示しています。 死刑10名余を含む4,000名以上が有罪判決を受けました。 さらに元老院(立法諮問機関)、大審院(最高裁判所)、地方官会議を設置し、元老院では翌年の1876年から憲法草案の起草が開始されました。

17

中学歴史 明治時代の年表と重要事項まとめと問題

自由党員らが中心となり、困民党を結党し蜂起しますが、政府はいち早く警官隊や鎮台兵を投入し、これを鎮圧することに成功しました。 豪農たちは「地租によって国家が運営される以上、納税者である自分たちに政治参加の権利がある」と主張したのです。

歴史5-11 自由民権運動(まとめ)

仏蘭西学舎設立 1874年にフランスから帰国すると、東京の麹町で私塾・仏蘭西学舎を設立します。

15

中学歴史 明治時代の年表と重要事項まとめと問題

原田1997、142-150頁。 天皇主権、欽定憲法制定、二院制、制限選挙などを主張しました。

7

57.自由民権運動

藩閥政府を「有司専制政治」と批判し、議会開設等の民主主義的政策を政府に要求する言論活動が展開されていきました。

1

自由民権運動の主導者の命を狙った『板垣退助遭難(暗殺未遂)事件』とは?

短命に終わった愛国公党に対して、こちらの立志社は1883年まで存続しています。 言路壅蔽、困苦告 つぐ るなし。

16