マウソロス 霊廟。 古代の七不思議(7)

あなたはすべて知っている?世界の七不思議を紹介!

マチュピチュ 15世紀に南米ペルーで栄えたインカ帝国の遺跡「マチュピチュ」は、1983年、世界遺産に登録。

[B! FF] マウソロス霊廟

この馬車に、マウソロスとアルテミシアの像が乗っていたとも言われているが、何も乗っていなかったという説が有力である。

7

世界7不思議の一つ:マウソロス霊廟の遺構

根拠としては、ギリシア世界では主のいない馬車は主の死を意味していたこと、マウソロスとアルテミシアの像は馬車の像のそばで発見されたが、彼らの像が馬車に乗る格好をしていなかったことなどが挙げられる。 霊廟の建設開始後すぐに、アルテミシアは自らに迫る危機に気づくことになる。 その後、川から流れ込む土砂で完全に埋まってしまいました。

10

古代の七不思議(7)

紀元前2世紀、ビザンチウムに暮らす古代ギリシャの数学者フィロンという人が書いた「世界七つの景観」の中で、古代の地中海地方に存在していた七つの巨大建造物を取り上げたことがはじまりとされています。

21

Hotels near マウソロス霊廟, ボドルム・シティ, トルコ

また、15世紀当時の十字軍がこの霊廟から持ち去ったと思われる一部の遺物や、この後年の調査で発見されたものなども合わせて大英博物館が管理保管している状態にあります。

28

Hotels near マウソロス霊廟, ボドルム・シティ, トルコ

ゼウス像はこの神殿の奥に収められました。 そして、生贄として大量の動物の死骸が霊廟に向かう階段に置かれ、出入りできないように石やレンガで階段は埋められた。

30

【世界の七不思議】ハリカルナッソスのマウソロス霊廟 | オカルトオンライン

実際に、設計者としてギリシア人建築家のピュティオスとサテュロス、彫刻家としてスコパス、レオカレス、ブリュアクシス、ティモテオスといった名前が、現代にも伝えられています。 そんな広大なペルシャ帝国支配下にあったカリア国の王であるマウソロスが首都としていたのがハリカルナッソスであり、現在のボドロムでした。 イギリス人のジョン・ウッド率いる大英博物館の考古学探検隊により、1863年から発掘が始まり、7年後の1869年12月におよそ7mの地下から神殿跡が発掘されました。

19