日本 ライト ハウス 情報 文化 センター。 社会福祉法人日本ライトハウス(団体ID:1150469938)/団体情報

施設案内

さらにテレビ番組や映画に音声解説を付与し、視覚障害者がテレビや映画を楽しめるための環境作りに貢献した。 アルファ線、除染等作業ではほとんど存在しません。

26

用具・機器の購入

詳しくは各自治体の福祉窓口にお問い合わせください。 次いで1979年、点字図書館が西区土佐堀に移転し、「盲人情報文化センター」の名のもとに、各種ボランティアの協力を得て、視覚障害者に対する幅広い情報提供サービスを始めた。 また、国立国会図書館にのよる専門図書21タイトル分のデイジー図書を製作した。

21

用具・機器の購入

C- さらに、放射線が物質を透過するとき・・・。

ようこそ、名古屋ライトハウス 情報文化センターへ

などしてくださる()。 ありがとうございました。 戦後、同会からの施設払い下げを受けて復活、視覚障害者の自立を目指して事業に取り組んだ。

24

用具・機器の購入

団体の活動・業務 (事業活動の概要) 視覚障害リハビリテーションセンター(鶴見区)では、障害者総合支援法の事業として障害福祉サービス事業所「日本ライトハウスわくわく」、障害者支援施設「日本ライトハウスきらきら」、居宅支援センターてくてく、鶴見区障がい者相談支援事業の4事業を行っている。

用具・機器の購入

1」 ご参加ありがとうございました! 2020年9月26日(土)、視覚障害者情報提供施設がお送りする読書会 『よむ・きく・はなす Vol. 職業訓練では昨年度、修了者16名のうち9名が就職した。 その他、さまざまなマルチメディアデイジー図書を製作した。

9

視覚障害者情報提供ブログ: 日本ライトハウス情報文化センターが始めた3つのソーシャルネットワークサービスの紹介

点字ディスプレイや点字器、点字用紙などの点字に関するグッズ 見やすいノートやサインガイドなど筆記に関するグッズ 点字付きトランプやおしゃべり時計など楽しく遊べるグッズ デイジー図書プレイヤーやオーディオグッズなど 物の識別、健康関連グッズなど日常生活でよく使うグッズ 電磁調理器や調味料入れなど調理の際に便利なグッズ 音声時計や触知式腕時計など時計全般 視野狭窄、白濁、中心暗点の体験ができるロービジョン体験キット 歩行時に使う白杖関連のグッズ まぶしさの原因となる光を効果的にカットする眼鏡 歩行時にも使用できるLEDの懐中電灯 文書の読み上げや拡大表示をする機器類 文字や画像を拡大して見ることができる卓上型の読書器 持ち運びができる小型の拡大読書器 アクリル製 A4サイズの透明な板です。

19

用具・機器一覧

これには本当の意味での即時性ですとか正確性を提供するためには、やっぱり出版社との連携というのが必須になってくるんですね。

用具販売:名古屋ライトハウス 情報文化センター

これは今、単純な円グラフなので、例えば合成音声で中のテキストだけをうまく抽出して読んでいけば意味は通じるのかもしれないんですけれど、一つ大事なのは、視覚障害の方が音声だけで聞いていった場合、複雑な視覚的資料になればなるほど、読み方と間の取り方というのが重要になってきます。 なお、18歳未満は4900人と推定されています。