気象庁 東京。 気象庁

国土交通省/気象庁の天気(3時間毎)

全部門の移転完了は12月初旬の見通し。 16日は、引き続き冬型の気圧配置となるため晴れますが、気圧の谷の影響で、昼過ぎから次第に曇りとなる見込みです。 15日は、冬型の気圧配置が続くため、晴れや曇りで、長野県や関東地方北部では雪の降る所がある見込みです。

28

気象庁食堂

16日は、引き続き冬型の気圧配置となるため、晴れや曇りで、長野県や関東地方北部では雪の降る所があるでしょう。

解説資料

110年間にわたる貴重な地震資料も新庁舎に 気象庁の移転作業は先月から始まっていて、現在の庁舎に保存されている貴重な資料を新しい庁舎に運搬する作業も行われています。 1882年に皇居の北桔橋門付近、その後、中央気象台時代に現在の大手町(当時は麹町区元衛町)、気象庁になった後の64年、ほど近い前庁舎にそれぞれ移った。

7

140年ぶり帰郷 気象庁が虎ノ門の新庁舎に移転

16日は、引き続き冬型の気圧配置となるため、晴れや曇りで、長野県や関東地方北部では雪の降る所があるでしょう。 期待に応えたい」と報道関係者に話した。 (雨の予想) 15日12時から16日12時までに予想される24時間降水量は、多い所で、伊豆諸島南部 15ミリの見込みです。

4

2020年12月15日 東京(トウキョウ) 毎正時の観測データ

現在、移転作業は本格化していて、16日は全国の地震や火山を24時間観測・監視する「現業室」の切り替えが行われました。 16日は、曇りで雨の降る所があるでしょう。

8

気象庁食堂

このHTMLタグをブログに貼り付けると、お店の地図や情報を掲載することができます。 しかも参加費は無料です。

11