テレ朝 コロナ。 報ステ富川アナのコロナ感染で「大揺れした」テレビ朝日の裏事情 出社禁止は直前まで言われなかった

テレ朝「報道ステーション」富川悠太アナ、新型コロナ「陽性」…放送態勢に影響必至― スポニチ Sponichi Annex 芸能

主催者によると、11月27日に行なったPCR検査では全員陰性を確認していたが、12月4日未明に出演者の1人が発熱。 現在も同様の数字を維持し、富川アナはその立役者の一人でもあった。

20

テレ朝・久冨慶子アナ、産休入りを報告 コロナ禍で視聴者へ気遣い「お体を大切に」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

同局は、看板ニュース番組「報道ステーション」の富川悠太アナ(43)の感染が発覚すると、同番組の総合演出の男性、さらには、その妻でフリーアナの赤江珠緒(45)にまで感染が広がっているが、さらに増える可能性が高い。 今日から3日間、報道に関わる最低限のスタッフを除き、一般社員も含め一切の立ち入りを禁止して全フロアの消毒作業を行う。 9日には息苦しさを感じ、10日に医師の診断を受け、11日にPCR検査で感染が確認され、入院中だ。

4

コロナ報道におけるテレビ朝日・玉川徹コメンテーターへの疑問

マスクの着用とか、体温を測れとの指示はあったようですが、例えばテレワークなどでも対応が他局よりも遅かったように思います。 モーニング」(月~金曜前4・55)内で産休入りを報告した。

1

テレ朝・久冨慶子アナ、産休入りを報告 コロナ禍で視聴者へ気遣い「お体を大切に」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

「コロナ禍という時期ですので、ご覧いただいている皆さん、お体を大切にしてください」と呼びかけた。 同局の看板報道番組「報道ステーション」で、メインキャスターを務める富川悠太アナウンサー(43)が、新型コロナウイルスに感染したことで番組は存亡の危機だ。

16

「取材内容と異なった報道」 医師の抗議でテレ朝が謝罪 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

今年5月下旬に緊急事態宣言が解除された以降も、各局は日々の感染者数や感染拡大のリスクを連日報じていました。 ありがとうございました」と笑顔であいさつした。

17

新型コロナ テレ朝ワイドショーに政府相次ぎ反論 不正確な主張も 自由な論評、萎縮懸念

『俺がこの番組を支えている!』と自信家な面があって弱音を吐けなかったのでは」(テレ朝関係者) 一昨年秋、同番組のサブキャスターだった小川彩佳アナが降板した際も意外な面が垣間見えた。

13

テレ朝「報道ステーション」富川悠太アナ、新型コロナ「陽性」…放送態勢に影響必至― スポニチ Sponichi Annex 芸能

この男性の妻でフリーアナウンサーの赤江珠緒(45)が同日、パーソナリティーを務めるTBSラジオ「たまむすび」に電話出演し、夫の病状を明かした。 そのため、7日の開幕は延期とし、中止日程などの詳細は改めて公式サイトで発表するという。

25

テレ朝「報ステ」チーフプロデューサーもコロナ感染

ただ、関係者は「放送中はマスクを着けることができないし、打ち合わせで徳永アナやスタッフと接する機会がある」と指摘。

9

テレ朝・久冨慶子アナ、産休入りを報告 コロナ禍で視聴者へ気遣い「お体を大切に」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

その一方で「3月の下旬から大人数で飲食する機会もなく、外部からの取材もありませんでした」と、感染ルートについては「思い当たらない」と断言していた。

30