フランク シナトラ マイ ウェイ。 【歌詞翻訳・意味解説】Frank Sinatra/フランク・シナトラ My Way/マイ・ウェイ(我が生き様)【歌詞翻訳・意味解説】

マイ・ウェイ

6月にのミュージック・センターで行われた引退公演には、シナトラが支援した副大統領やの、大統領補佐官やのまで駆け付ける、シナトラに相応しい壮大なものであった。 しかしにの自宅で心臓発作を起こし、のセダース・サイナイ・メディカル・センターに運ばれ、そのまま回復することなく永眠した。 ヴォイス• さらにシナトラと、当時人気が出てきたコロムビア・レコードのミッチ・ミラーとの音楽的対立も拍車をかけた。

フランク・シナトラ

第二次世界大戦中 [ ] と(1944年) 12月のとの間の開戦をきっかけにアメリカも参戦したでは、多くの若者が兵士としてされ戦場に送られ、またシナトラも兵役を自ら志願したが、上記の通りシナトラは出生時難産であり鉗子のため鼓膜が破れており、その為に2度も兵役不合格となった。 Von Ryan's Express 1965• テーマ [ ] 主人公の男性が、自分の死が近付く中、自分の人生で起こったすべての苦難に対して行ったことについて、後悔せず自信を持っている、と語る内容である。 『クロンカイトの世界』ウォルター・クロンカイト著 浅野輔訳 阪急コミュニケーションズ、1999年• 予約商品と通常商品を一緒にご注文された場合は、予約商品の発売日にまとめてお届けいたします。

1

フランク・シナトラ『マイ・ウェイ [50周年記念エディション]』のアルバムページ|2001595777|レコチョク

ジョンは、これを受けての「リトル・ホワイトハウス」と呼ばれた 、ケネディを呼ぶことを前提に作られたシナトラ邸への訪問を直前になって断るなど、ロバートの言いつけを聞き、あからさまに恩人であるシナトラと距離を置いたために、シナトラが激怒し落胆した。

18

フランク・シナトラのアルバム『マイ・ウェイ』、50周年記念エディションが発売

1943• しかし、デビュー期からイタリア系との深い関係が度々取りざたされ、女優(がモデル)を駄目にした歌手のエピソードは実話である。 日本語文献 [ ]• Around the World in 80 Days 1956• 長女の()は歌手として活躍し、特にスパイ映画のシリーズ第5作『』の主題歌は世界的なヒットとなった。 『錨を上げて』、『踊る大紐育』、『上流社会』、『抱擁』などの劇中で歌唱したナンバーは、後世までスタンダードとなった歌も少なくない。

14

歌詞 和訳 Frank Sinatra

「マイ・ウェイ」はイギリスで最も葬儀で演奏される曲である。

【歌詞翻訳・意味解説】Frank Sinatra/フランク・シナトラ My Way/マイ・ウェイ(我が生き様)【歌詞翻訳・意味解説】

エヴァ・ガードナーと離婚して以来、独身生活を謳歌していたシナトラに、30歳近く年下の女優との結婚は話題を呼んだ。 2015年9月29日閲覧。 1959• イタリア系アメリカ人兵士で明るく陽気で、周囲から仲間はずれにされて虐げられる主人公にいつまでも味方をしたことが仇となり、軍隊内の虐待で惨めに死んで行く兵士を演じ、助演男優賞を獲得、俳優として奇跡的なカムバックを成し遂げる。

19

最後のマイ・ウェイ : 作品情報

その他のカバー [ ]• フランク・シナトラのバージョンは1968年12月30日に録音され、1969年のはじめに発売された。

5

マイ・ウェイ【CD】

は1980年「マイ・ウェイ」のシングルを発売した。 『ヒズ・ウェイ』 キティ・ケリー、柴田京子訳(、1989年)、タブーにも触れた伝記• 御多分に洩れず「マイ・ウェイ」=フランク・シナトラという認識だったので、この曲のオリジナルがフランスの曲だとは知らなかったし、勿論クロード・フランソワという歌手のことも全く知らなかった。 変わらぬ人気 [ ] ブレンダン・グレースと談笑するシナトラ(1991年) に日本やイギリス、ブラジルなどを巡る最後の世界ツアーを行い、この際に最後の単独来日公演をの「」で行う(3月)、なおにはとのジョイント公演をだけで行った。

15