点訳 ナビゲーター。 点字自動翻訳システム

点訳校正委員会 目次 第4版

点訳 ナビゲーター

なのに! 点訳ナビゲーターは 国公立 コクコーリツ となっています。 複合名詞の切れ続きの判断の基本(本則)は、「てびき」p67 1.「複合名詞の内部に3拍以上の意味のまとまりが二つ以上あれば、その境目で区切って書く」ことです。 第3版からの流れで5マスのままとしてきましたが、7マス書き出しにしてください。 大辞林には1語で出てますが、文法的には切るのかと思うのですが。 ということなら、 せいどく とするしかないってことだと思います。 スクリーンリーダー: Windowsそのものを操作するために、XPReader、PC-TALKER、VDM100W、JAWS等の画面音声出力ソフトウェアが必要• 当システムでの著作物の権利等について しばしば質問を受けますが、当システムでの翻訳結果の著作権については次の通りと考えます。

次の

東公せせらぎのリンクページ

点訳 ナビゲーター

このとおりにならないことも多々あると思います。 2002年4月の【「点訳のてびき 第3版の主な改訂点】から掲載しています。 「保健所内」は「ホケンジョ」と連濁していますので、区切って書くことができないと判断しました。 【理解しやすさ No. 本試みにおいては、点字をまったく知らない人でも、何とか点字を導入できる環境に近づけ、その後の点訳環境へ誘導しやすくするための試みとした。 表の上下枠は従来どおり、端から端までを使います。 2 複合名詞 1.p67 1.3拍以上の意味のまとまり 自立性とか、区切る成分、前の語の意味を強調するとかが判断出来ません。 また、その法規。

次の

だれかおしえて

点訳 ナビゲーター

現状でも、ほぼすべての「国語辞典」が「きかえる」になっていますので、文字である点字としては、「きかえる」でよいと思います。 慶応元年 一月 二月 三月 四月 五月 閏五月 六月 …… 慶応4年 一月 二月 三月 四月 閏四月 五月 六月 …… となっていました。 ご理解くださいますようお願いいたします。 後ろに連続している助詞・助動詞がなくなった時点ではじめてマスあけとなります。 BASE等、他のソフトとの互換性が取れていない 他の点字翻訳ソフトや編集ソフトとの互換性を取っていません。

次の

点訳校正委員会報告(「点訳のてびき 第4版」)

点訳 ナビゲーター

「第4章 記号類の使い方」 の 「その4 伏せ字とマーク類」にあるものは、すべて記号ではなく、「文字」です。 【A】 「繰り返し言葉」の規則は、今回の改訂で全く変更がありませんので、これまで通りの判断をしてください。 『点訳のてびき 第4版』ではカギ類・カッコ類の使い方が大きく変わっています。 数学・情報処理の分野における点字表記を解説。 説明文のある写真の枚数だけを数える? 写真説明がないものは、無視してきているので、枚数に入れない方が、正確なのだろうと思います。 差し替えをお願いいたします。

次の

点訳校正委員会報告

点訳 ナビゲーター

概念とつたない経験だけで実装していますから、実際に読まれる方による検証が不足しています。 8.p64 2.接頭語・接尾語など 【備考】 接頭語を含む複合名詞のマスあけについて質問いたします。 この場合、外字符を用いて書かれた箇所はまだ日本語の一部とみなされますが、外国語引用符の中は、完全な外国語モードとみなされます。 放送文化研究所では一貫して「ノ」を助詞ではなく「野」と捉えており、「奄美の黒兎」ではなく「奄美野黒兎」という立場をとっています。 第3版の表記のままというものも多いです。 ----------------------------------- 番号記号(ばんごうきごう)は、「井桁」(いげた)や「スクエア」とも呼ばれ、番号を示す数字の前に置かれる記号である。

次の

点訳校正委員会目次

点訳 ナビゲーター

その都度、考えていく必要はあります。 もうひとつ。 (この場合凡例が必要) (テキストデータでは うた とか いおりてん と入力すると出てきます。 点字を通じて、ハンディキャップを持つ方へどのように接するべきかを考えることは大変よいことだと思います。 『点訳のてびき 第4版』(2019年1月発行)に合わせ、第3版と第4版と、ページを分けてまとめました。

次の