Uae チーム エミレーツ。 UAEチーム・エミレーツ戦力分析!【2018年シーズン】

ツールを走ったUAEチームエミレーツのバイクたち コルナゴ V3

伝統的にグランツールやステージレースで結果を求めるチームにあって、次期エース候補の1人として名乗りを挙げるのがエイネルアウグスト・ルビオ(22歳・コロンビア)。 ほんのわずかな違いがフィニッシュでの差となる現状にあって、自身もチームも、まずはスプリントに持ち込むまでをいかに構築していくかがポイントとの考えに至った。

7

【COLNAGO】驚異の逆転劇を魅せたタデイ・ポガチャルを要するUAEチームエミレーツが駆るV3

アルデンヌクラシックの時期になれば、ウリッシが中心選手として走ることになる。 チーム サンウェブは、22歳のマルク・ヒルシ(スイス)がツールをきっかけにラ・フレーシュ・ワロンヌ、ロード世界選手権で劇的なドラマを演じ、24歳のジェイ・ヒンドレー(オーストラリア)はジロでグランツールレーサーの仲間入り。

ツールを走ったUAEエミレーツのバイクたち コルナゴ V2

大会終盤も総合でトップ10入りが見えるポジションを走り続け、総合力の高さを示した。 ピーター・ケニャックに13秒遅れのステージ2位となり、途中ウリッシを置き去りにして逃げ切り力を見せたことには非常に驚いた。

24

【COLNAGO】驚異の逆転劇を魅せたタデイ・ポガチャルを要するUAEチームエミレーツが駆るV3

平坦アシスト陣は、2017年はラエンゲン、ガンナを中心に構成していたが、新たにサザーランド、ビストラムが加わったことで厚みを増した。 直後のレースでの落車で骨盤骨折に見舞われ、その勢いは一瞬にとどまってしまったが、予想をはるかに上回る早期復帰を実現させ、シーズン中断明けの7月下旬にはプロトンへと戻った。 ラヴニール総合2位の逸材・ラヴァージ 2016年ツール・ド・ラヴニールで総合2位に入ったクライマーだ。

4

プロトンの未来を背負って立つヤングライダーたち トップチーム注目の若手厳選ピックアップ<3>(Cyclist)

新人賞争いに加わったつもりが、要所での仕掛けを次々と成功させるうちに個人総合でも順位を上げる結果に。

ツールを走ったUAEエミレーツのバイクたち コルナゴ V2

リードアウトトレインに要求されることは、集団の前方を確保し続けること。 2017年はフレーシュ・ワロンヌ2位、リエージュ~バストーニュ~リエージュ2位と共にアレハンドロ・バルベルデの前に敗北を喫した。 自信を失うことなく新たなシーズンに入ることができているといい、実際に今年最世のレースであったブエルタ・ア・サンフアン(アルゼンチン、UCI2. アルやマーティンの山岳アシストとして経験を積みながら、グランツールレーサーの道を歩むだろう。

13

コルナゴC64 UAEチームエミレーツモデル|ロードバイクを愛でる

クリストフを加えたリードアウトトレインは、世界最強といっても過言ではないだろう。