Salesforce ナレッジ。 Salesforce技術ブログ:ナレッジを分析してみよう

Salesforce技術ブログ:ナレッジを分析してみよう

Trailheadコンテスト2019とは、セールスフォース・ドットコム社が2019年に企画・実施したコンテストで、決められた期間の中で、上記Trailheadで取得したバッジ数を競うものです。 一つ開いてみると分析可能なレベルまで作りこまれています。

25

Salesforce技術ブログ(ナレッジで記事を作って公開しよう!)

これぞ「リッチ」テキストエリア!という感じです。 海外では非常に一般的で、営業組織のスキルを底上げしていく組織の事です。 ハロー、ハリーくめです あっつい日が続いてますね。

ナレッジマネジメントーSalesforce Service Cloudの活用

これは便利ですね。 このノウハウ賞に関しても毎月、必ずノウハウの発信を求められていました。

29

ぐるなびの社内システムで活用しているSalesforceのナレッジ取得と課題解決の工夫

今回は記事を作成して公開できるようになりましょう。 4-1. 2つ目は、寄稿者です。

24

SFDC:Salesforceナレッジの便利機能と制限について

トレーニングコストの削減 ナレッジを読むことで新人への教育負担が削減できる。

リリースノート

複雑ですよね。 Salesforce Service Cloudには、顧客とのやり取りの効率化、必要な情報の把握、エラーの削減などサービス担当者に役立つカスタマーサービススクリプトが搭載されています。

Salesforceのナレッジの導入について説明しています

例えば、FAQであれば必ずマネージャの承認を得る必要があれば承認ボタンを押す必要はあるなどの使い方できます。 解決に寄与したナレッジを結びつければ、QA作成の情報源にもなり、過去ケースの参照は、QAになりにくいレア課題解決の業務効率をあげる。 一度、有効化すると無効化はできないので、不要な記事がある場合は他の機能で見せないように制御する必要があります。

28