鶴見 川 源流。 横浜線沿線 街角散歩

鶴見川

しかし、鶴見川源流は、予想以上にしぶとかった。

20

ライター・細野が河口から源流まで42.5kmを踏破! 鶴見川の源流ってどうなってる?

写真18にはもはや川らしきものはなく、谷戸の終点すなわち、尾根がすぐ上に見えるほどである。 上流端といってもそれは単に行政上の管理の都合で定められているもの、ここで水が途切れるわけではないのでさらに上流へ進む。

鶴見川本流の全橋制覇の旅 鶴見川源流泉のひろば

明治の始め頃この辺りに学校があり、教鞭をとっていた人の碑だそうです。

21

鶴見川源流

今回フィールドワークに同行して頂いた東京工業大学でメディア論を担当する柳瀬博一教授はこう語る。 トンネルを抜けると… 畑地だった 民家の近くに分岐があり道標もある。 水面には、移植されたアサザの葉が浮かぶ。

1

豪雨による河川氾濫をどう防ぐのか 鶴見川を“暴れ川”から変えた「流域思考」に学ぶ

大泉寺バス停 バス停から少し戻るようにわき道に入れば大泉寺の参道はすぐです。

8

ライター・細野が河口から源流まで42.5kmを踏破! 鶴見川の源流ってどうなってる?

ほかにもあたってみると「今井川」の源としているものも多く、まず後者を選択してそちらへ歩いた。

27

豪雨による河川氾濫をどう防ぐのか 鶴見川を“暴れ川”から変えた「流域思考」に学ぶ

その先はあまりきれいじゃないが、緑道があり、 ここで水が湧いているように見せているところがあり、 道路を渡って反対側に行くとさらに開渠で流れが続いていた。