タイ 渡航 中止 勧告。 渡航中止勧告に関する梨田大使メッセージ

海外安全ホームページ: 海外安全ホームページ: 東南アジア

タイ国籍を有しない者のタイ王国入国のための特別便• 令和2年12月4日(午前6時更新) 外務省• 法的拘束力がないのであれば、無視して旅行してもよいということでしょうか。 しかし、9月8日からは、入国後14日間の自宅等待機は維持しつつ、ビジネス目的の渡航者に限り受け入れを再開しました。 どうしてもタイから日本へタイ人を呼びたいならば、なんとかビザを手配すれば、日本に招待することはできるかもしれない。

18

外交部、日本による台湾への渡航中止勧告解除を歓迎

12月07日 09時48分• 日本からインドネシアへの措置については、レベル3の「渡航中止勧告」が出ています。 あわせて、日本政府部内での調整を経て、検疫強化を含め水際措置が一層強化される見込みです。

4

日本からタイへの渡航中止勧告は解除に。タイは日本への入国禁止リストから外れる。

4月3日から、過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は入国拒否となっています。

13

渡航中止勧告に関する梨田大使メッセージ

外交部によりますと、日本政府は、まだ一般の観光旅行を開放していないため、日本に行く場合、まず日本の対台湾窓口機関、公益財団法人日本台湾交流協会台北事務所、または高雄事務所でビザを申請する必要があります。 レベル2:不要不急のは止めてください。 12月03日 09時13分 【流通・サービス】• また、3月22日からは航空便のインドへの着陸を停止し、就労ビザ保有者以外の入国を禁止しています。

16

香港への渡航中止勧告が解除されました 香港/香港特派員ブログ

なお、ビジネス目的での滞在者を対象としたスキームでは、14日間の自宅等待機期間中も行動範囲を限定した形でのビジネス活動が可能ということです。

25

外務省 海外安全ホームページ|新型コロナウイルスに係る日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限

「レベル1:十分注意してください。

2

日本政府、香港への渡航中止勧告を解除 キャセイ航空は関空線を一部再開

タイ当局から認定されているタイ国内の教育機関に通学する、タイ国籍を保持しない生徒および学生、またこれらの両親もしくは保護者。 なお10月8日より、ビジネス目的での滞在者を対象としたスキームでは、14日間の自宅等待機期間中も行動範囲を限定した形でのビジネス活動が可能です。

1

日本からタイへの渡航中止勧告は解除に。タイは日本への入国禁止リストから外れる。

メディア制作または撮影目的の場合• マークのあるホテルは、で手配可能です。