酒類 販売 管理 者 選任 届出 書。 酒類ディスカウントストア

酒類販売管理者の異動

申告義務 酒類販売業者は、次の事項について所轄税務署長に報告又は申告を行う必要があります。

20

一般酒類小売業免許申請

また、酒類販売管理者を解任した場合には、2週間以内にその旨を届け出なければなりません。

7

4 各種様式(様式、記載例)|国税庁

例えば、酒屋さんを開業するのに、年間300本しか売らないということはないでしょう。 直近の決算についてなので、その前の決算で債務超過でも、直近の決算では解消されていれば問題ありません。 また、販売数量や酒造メーカーの制限はありませんが、既存の取引先から仕入れた酒類の販売に限ります。

18

酒類販売管理者の選任

3年連続なので、まだ3期目の決算が来ていない会社の場合は、2年連続20%以上赤字でも問題ありません。 また、酒類販売管理者の選任は、その販売場において酒類の販売業務を開始するときまでに選任する必要があり、酒類販売管理者を選任したときは、2週間以内に「酒類販売管理者選任届出書」を、販売場を所轄する税務署に提出しなければなりません。

21

酒類販売管理者を選任したときは、2週間以内に「酒類販売管理者選任届出書」を提出

経営基礎要件• 原則として飲食店と同じ場所では免許は下りませんので、飲食店のスペースと販売所を明確に区分する必要があります。 免許等種類• 販売場の所在地• 申請の流れ 迅速に免許を付与するため、2段階での申請となります。

13

さくらい行政書士事務所の一般酒類小売業免許申請

)の前会計年度における酒類の品目ごとの課税移出数量が、全て3,000キロリットル未満である酒類製造者(特定製造者といいます。 また酒類の売上・仕入金額とその他の収支を記載します。

23

酒類販売管理者を選任したときは、2週間以内に「酒類販売管理者選任届出書」を提出

免許取得後は、酒類販売管理者を1名配置しなければならない。 申請は郵送や「e-Tax イータックス 」でも可能です。

17