筑波 大学 学長 選挙。 筑波大、永田学長が再任 任期上限撤廃、最長で11年に 教職員有志「認めない」

【速報】筑波大学・永田恭介学長再任

さらに「4月20日過ぎ、(自身を学長に)推薦したい人が飛び込んできた。 平成25年度学長選考会議• 本学は持てる力を結集して,地域と地域社会,国と国民,世界と人類の公益に資する開かれた大学として,常に新しいことに挑戦していきます。

19

筑波大学長選を考える 教員らオンライン集会 茨城

現在の学長選考会議は、お付き合いで委員になった者が、総務部署が作成し事前に学長まで了解をとった資料に基づき、粛々と議事を進行していく場なのかもしれません。 次期学長予定者は、民間有識者や学内の教員代表らをメンバーとする学長選考会議で20日に選出される。

11

永田恭介

同大によると、20日の学長選考会議は、委員24人の無記名投票の結果、永田氏が3分の2以上の得票を得て松本氏を破り、再任が決まった。 脚注・出典 [ ] []• エネルギーや環境の問題,産業と経済の活性化の問題など,解決すべき課題は地球規模で共有しなければならない問題であり,解決に向けては従来型の発想を越えたイノベーションが必要です。 1978年3月 薬学専攻修士課程 修了• (、1981年)。

8

【速報】筑波大学・永田恭介学長再任

学内選挙による学長選考は復活するか の改正以降、学内選挙はどんどんなくなっています。 筑波大学の永田恭介学長が再任(来年4月以降も)されることが昨日決定しました。 (庄司直樹). 私たちを取り巻く環境は,激変するグローバル社会の中で,混乱の度合いを増しています。

筑波大学長選を考える 教員らオンライン集会 茨城

学長選考会議に影響を及ぼすことを控えるため、あえて述べませんでしたが、これはもちろん筑波大学が受託中のF教授の安全保障技術研究推進制度研究の件に絡んでいます。 第16代 1997• 第18代 1998 - 2001• 学長選をめぐっては、学長の任期の上限が撤廃されたこと、教職員の意見聴取で永田学長が584票、対立候補で生命環境系長の松本宏教授が951票だったことなどから、同大の教員有志らでつくる「筑波大学の学長選考を考える会」から、選考プロセスの正当性を問う声が出ている。

2

筑波大学|広報・情報公開|学長選考会議

グループは、永田学長の再任が決まったことを受け、21日、「不正な選考を認めない」とする緊急声明を発表しました。 8日、土浦市田中の同JA営農経済事業本部で任命式が行われ、今後はレンコンをはじめとした生産物のPR役を担う。 10月14日、同大の教員有志でつくる「筑波大学の学長選考を考える会」は会見を開き、学長選考が「公開性と公平性」を欠くとして批判し、是正を求めた。

12