ハイウェイ トランスフォーマー。 路上作業員の守護神「ハイウェイ・トランスフォーマー」登場! 車体伸び全長23m (2020年8月26日)

ハイウェイ・トランスフォーマー

車両後端の衝撃緩衝装置は米国製で、2. 大型移動式防護車両 ハイウェイ・トランスフォーマー 中日本ハイウェイ・メンテナンス名古屋が開発• ますます重要性が高まるインフラのメンテナンス技術にて、車両自体が、人も車も守るという新しい価値観に基づいた、画期的なデザインだ」と高く評価している。 グッドデザイン金賞は、宿泊施設「まれびとの家」(VUILD株式会社)、Webサイト「東京都新型コロナウイルス感染症対策サイト」(東京都)、サーキュラーエコノミー「BRING」(日本環境設計株式会社)、教育プロジェクト「Design Movement on Campus」(Taiwan Design Research Institute)など19件が受賞。 開発の背景には路上作業員が抱える切実な課題がありました。

路上作業員の守護神「ハイウェイ・トランスフォーマー」登場! 車体伸び全長23m

2018年12月25日 メンテ名古屋と東邦車輌とで共同開発開始• 独自に開発した水質センサとAI技術を軸に、浄水処理と排水処理を両立することで、コンパクトな成り立ちでの水循環を実現。 車の購入ならオートックワンにお任せください。

16

🚗|高速道を守る黄色い変身ロボ!? 現場の命を守る「ハイウェイ・トランスフォーマー」とは

NEXCO中日本のグループ会社である中日本ハイウェイ・メンテナンス名古屋 株式会社は、高速道路などでの交通規制を伴う路上作業時の作業員の安全確保を目的とした「大型移動式防護車両」の名称を「ハイウェイ・トランスフォーマー」に決定した。 効率としては従来よりも多少劣るものの、安全性は高まったといいます。

2020年度グッドデザイン「大賞」「金賞」「グッドフォーカス賞」の受賞結果発表 大賞は自律分散型水循環システム「WOTA BOX」

走行時は全長16mほどのトレーラーですが、作業現場に到着すると、その姿を変えていきます。 しかし日本国内には該当するものがなく、海外まで視野を広げたところ、見つかったのはアメリカのトレーラー式の防護車両。 なおビームは左右に移動でき、追越車線側の工事にも対応可能(2020年8月26日、中島洋平撮影)。

19

【グッドデザイン2020】大型移動式防護車両「ハイウェイ・トランスフォーマー」金賞を受賞

費用は1台およそ5500万円。 まず車両後端の衝撃緩衝装置を展開させます。

5

高速道路作業員を守る新車両、全長15.9mから23.35mに「トランスフォーム」

大型移動式防護車両 ハイウェイ・トランスフォーマー 中日本ハイウェイ・メンテナンス名古屋が開発• 工事費の7? 車両諸元• 大型移動式防護車両 ハイウェイ・トランスフォーマー 中日本ハイウェイ・メンテナンス名古屋が開発• 大型移動式防護車両 ハイウェイ・トランスフォーマー 中日本ハイウェイ・メンテナンス名古屋が開発• 進入車両停止装置「とまるぞーII(大型車両用)」 中日本ハイウェイ・メンテナンス名古屋の商品. 次に、トレーラー中央部の外壁にあたる保護ビームを、車両の左右どちらかに移動させることで作業スペースをつくります。 2020年度グッドデザイン大賞(内閣総理大臣賞)は、自律分散型水循環システム「WOTA BOX」(WOTA株式会社)が受賞。

27