講師 謝金 源泉 徴収。 講師の講演料、難解な源泉徴収についてプロが解説!

No.2795 原稿料や講演料等を支払ったとき|国税庁

5を切り捨てて、2,552円が源泉徴収税(所得税と復興特別所得税)となります。 それ以外でのポイントは、謝金を支払う側である当同好会が、 報酬、料金、契約金又は賞金に係る源泉徴収義務の例外規定である 所得税法204条2項2号の 「第百八十三条第一項(給与所得に係る源泉徴収義務)の規定により給与等につき所得税を徴収して納付すべき個人以外の個人から支払われるもの」 これの「所得税を徴収して納付すべき個人以外の個人」に該当するか、どうかだと思っています。 「総合課税」の場合は、源泉徴収では課税関係が完結せず、確定申告を行うことで課税関係が完了します。

18

No.2795 原稿料や講演料等を支払ったとき|国税庁

従業員を雇用しておらず、一人で仕事をしている個人事業主は、源泉徴収義務者には当てはまりません。 上述の通り、支払いを行った翌月の10日までに、預かった源泉徴収税を納める必要があります。 >…やっぱり他にも、もう別の学校等で働いている人が青色で申告出来ていたりしている事実はあるので、これはもう、勤務しているところ、あるいは税務署等からのチェックがあるかどうか、の話になってくるのかもしれませんね。

12

法人・個人に対する講師報酬の源泉徴収

前回の回答で、「あくまでも、支払者の会計処理(税務処理)が税法にかなっていない、と税務署が判断した場合の話、つまり、イレギュラーなことです。 給与で受け取ってるなら控除対象配偶者の所得計算がしやすいが、報酬で受け取るなら良いというお考えなのかな?と思いました。

7

Q148 【業種別解説】源泉徴収が必要な士業・講師料・デザイン料・コンサルティング料

なお支払者の「氏名又は名称」欄には、支払者である自治体役所名の隣に(講師謝礼)と印字してあります。

3

Q143 【具体例で解説】謝礼・謝金にかかる税金と源泉徴収を具体例で解説

この場合の税務上の取扱を教えてください。

10

知ってますか?「謝金」と「旅費」には「源泉徴収」が必要です

また、 教材費の費用は完全には学校に負担されている訳でもありません。 以外の源泉全般について書かれています。 初めて担当する仕事は、わからないことばかりです。

17

うっかりすると「講演料」の支払で失敗します、これを忘れないように

現在、ある研究を行っており、データの収集を行うべく、 一般の方(会社員やサラリーマン、外国人も含む。

21