ディズニー ceo。 米ディズニーCEOボブ・アイガー氏が退任「今こそ最高のタイミング」

ディズニーCEOが実践する10の原則の要約・書評まとめ!ディズニーの改革はここから始まった!|ミキまるBOOK’s

第12章:イノベーションか、死か• ディズニー大好きな私からしたら神です。

2

米ディズニーCEOボブ・アイガー氏が退任「今こそ最高のタイミング」

ボブ・チャペック氏は長くディズニーグループの経営陣に加わっており、最近はDisney Parks, Experiences and Productsの会長だった。 そのCEOを2005年秋から2020年頭まで務めた ロバート・アイガーのキャリアを辿りながら、理想のリーダー像を学べる一冊がこの です。

11

【ディズニーCEOが実践する10の原則】書評・要約まとめ。リーダーとは何か

ディズニーによるABC買収を経て、2000年にディズニー社長に就任。 もし大統領になったら、ディズニーの元CEOのオーディオ・アニマトロニクスがホール・オブ・プレジデンツに入ることになりますね。

18

アイガー自伝「ディズニーCEOが実践する10の原則」を読んだ

アイガーはテレビ局ABCに入社し、着々とキャリアアップを果たしていきます。 何年も前にトム・マーフィーが言ったことが、私の頭の中にこだました。 杏林大学外国語学部准教授。

28

『ディズニーCEOが実践する10の原則』ロバート・アイガー

ニューヨークでお父さまを昼食に連れ出し、 そこで、私と父は精神の病について話し、 父が人生をどう思っているかについて語り合うことができた。 そして、アイガーの集大成として登場するFOX買収。 アイガーは声明で、「ディズニーの配信サービスの立ち上げと21世紀FOXの合併が順調に進行している今、新しいCEOに移行する最適な時期だと思いました。

22

ディズニーCEOが実践する10の原則

だからこそ、あの時(=サービス開始日:2019年11月12日)が良い時期に思えて、Disney+を始めることができたんだ」と語っていた。 アイガーは2006年にピクサーを74億ドルで買収し、2009年にはマーベルを40億ドルで、2012年にはルーカスフィルムを40億6000万ドルで、またし、そのすべてを監修した。

ディズニー前CEOが明かす「古い常識」の破り方

就任後1年足らずで、ABCはディズニーに買収されてしまうのです。 仕事は、照明の設置やケータリングの手配といった単純なものばかり。 そんななか、アイガー氏は後継者候補と噂されていたチャペック氏を新CEOとして迎え入れた。

24

米ディズニーCEOボブ・アイガー氏が退任「今こそ最高のタイミング」

その後、マーベル、ルーカス・フィルム、21世紀フォックスなどの大型買収案件を成功に導き、世の中の変化に対応すべくD2Cビジネスも成功させ、ディズニーはより巨大なグローバル企業へと発展した。

米ディズニーCEOボブ・アイガー氏が退任「今こそ最高のタイミング」

という具体的な教えも随所に出てくるの出てくる。

10