黒い 仏。 黒い仏(殊能将之) : 講談社文庫

殊能将之を再読する/『黒い仏』(3)

大森 だから、何でもありの小説じゃなくて、ちゃんと作ってから壊してるんですってば。 僕の定義だと、これも。 で、この結末はどうよ。

9

殊能将之を再読する/『黒い仏』(3)

79点。 第四章5節では、星慧は黒智爾観世音菩薩像に「無貌の神」さらに「這いよる混沌」とも祈りかけており、これもナイアーラトテップの異称である。 今回はダラダラせずにきっちりまとまっているので、比較的読みやすかったですね。

『黒い仏 (講談社ノベルス)』(殊能将之)の感想(76レビュー)

星慧(せいえ) 安蘭寺の住職。 ブリッシュは「More Light」という作品で、『黄衣の王』という戯曲を引用している。

11

『黒い仏 (講談社ノベルス)』(殊能将之)の感想(76レビュー)

円載という大昔の僧侶が残した宝を探す依頼を受けて、探偵が調査に乗り出す。 おもしろいミステリー小説だよ、と薦めたら怒られそうな気がします。 詳しければより楽しめるのでしょうが、知らなくても大丈夫だと思います。

黒い仏(殊能将之) : 講談社文庫

作家名と作品名が思い出せないのが口惜しいのですが、はこんな具合に、の反論をことごとく「それも何々に書かれている」と重ねることで跳ね返してしまうのです。 感想 昨日に引き続き三冊目です。 という題名てミステリ読みの人はフリーマン・W・が連想されるんじゃないかな。

5

黒い仏 / 殊能 将之

ひとつには、その意外性を楽しむ小説なんです。 ええ、一言で言うとそう、ネタなんですよ。

24

黒い仏 / 殊能 将之

ええ、一言で言うとそう、ネタなんですよ。 やりたい事もわかるんですけど、今回のような手法は、はっきり言って失望以外の何者でもありません。 兎に角依頼内容を聞いてみる。

『黒い仏 (講談社文庫)』(殊能将之)の感想(99レビュー)

勿論、体系による外部からの補強的意味合いもあるだろう。

30