自由 で 開 かれ た インド 太平洋 戦略。 「人権」も「民主主義」も「法の支配」も消えて、習近平の言う「新時代」が入った施政方針演説:ゆきすぎた親中政策を理由に、安倍総理を退陣させるべき。

アメリカ帝国主義の力の低下をさらしたトランプのアジア歴訪

そして何より、「日中新時代を切り拓きます。

1

アメリカ帝国主義の力の低下をさらしたトランプのアジア歴訪

経済的な力の低下をおぎなうための援護射撃に使ったのである。 排出ガス規制のパリ協定やユネスコなどさまざまな国際機関、協定からの離脱もあいついでいる。

「人権」も「民主主義」も「法の支配」も消えて、習近平の言う「新時代」が入った施政方針演説:ゆきすぎた親中政策を理由に、安倍総理を退陣させるべき。

そして何より、「自由で開かれたインド太平洋」という言葉は、相当のくせ者です。

8

グローバル・アメリカン政論: 2020年1月

これらの構想はアメリカとは一線を画した新たな経済圏をきずこうとするもので、ドルを介さない経済関係の拡大であり、アメリカの戦後世界支配の柱となってきた基軸通貨としてのドルの地位をほりくずすものである。 」という新しい決まり文句が、もう換骨奪胎されていることが分かります。 アメリカの支配階級のなかでもトランプ政府への不満がたかまっており「アメリカはTPPなしで、どうやって経済秩序をつくるのか」(米外交問題評議会シーラ・スミス)との声があがっている。

30

グローバル・アメリカン政論: 2020年1月

トランプ政府のもとで米欧関係はいっそう亀裂がはいり、もうかつての西側同盟とはことなるものになっている。

グローバル・アメリカン政論: 2020年1月

こうしたなかでトランプがアジア歴訪から帰ってきたばかりの一一月一四日、米上院外交委員会で核兵器使用にかんする大統領権限の公聴会が開催され、元米戦略軍司令官ケーラーが出席し、「違法な大統領の命令は拒否する義務がる」と証言した。

5

グローバル・アメリカン政論: 2020年1月

さらに習近平は「太平洋は米中を受け入れる広さがある」とかねてからの主張をもちだし、アジア・太平洋での中国の経済圏の拡大を認めるよう求めた。

グローバル・アメリカン政論: 2020年1月

一一日から一四日までで、APEC首脳会談、ASEAN諸国との首脳会談に焦点をあわせたもので、朝鮮への戦争の脅しであるとともに、これらの会議に出席した各国首脳にたいする世界最大のアメリカ軍事力を誇示するあからさまな砲艦外交であった。 安倍氏はアジアとアフリカを結ぶシーレーンの重要性を強調し、日本はアフリカの開発と安全保障のためにも航行の自由と法の支配を推進してゆくと述べた( および )。 トランプ政府は、イランの核開発について六カ国合意を批判し、その破棄、対イラン制裁をさけんでいるが、英独仏は破棄に反対する共同声明を発表している。

19