Ping g410 ドライバー。 ピン「G410 PLUS」ドライバー

PING

ホーゼルに調整機能が付いている ホーゼルの調整機能については、違いでも挙げている通り、G410PLUSはライ角の調整器も可能という点が異なっていますが、両モデル共、ロフト角の調整は行うことができますので、打ち出しの高高さは、調整の範囲で変更することができます。 でもね、僕は今、スピンが少なめのG400LSTを使ってるんだけど、このG410 PLUSだとやはり少しスピンが多いんだよね。 気になる方は現在の悩みをご記入の上「」よりご相談ください。

ピン「G410 LST」ドライバー

写真左がG410 PLUSドライバー、右がG410 SFTドライバーです。 身長173cm、体重72kg。 G400との比較でいうと、 大型ヘッドのデメリットである、ヘッドの動かしにくさやヘッドターンの度合いが結構改善されたと感じました。

PINGの新ドライバー「G425 LST」と旧モデル「G410 LST」を比べてみた

5cm短い。 スピン量が多め。 好きなクラブはAW。

ピンG410プラスドライバーの試打評価|PINGの2019年新製品

でも、弾道の高さが抑えられているのを見ると、元調子系であるのも納得でした。 ・ALTA J CB RED ・ALTA DISTANZA ・PING TOUR 173-65 ・PING TOUR 173-75 ・「ALTA J CB RED」は合わせやすくて中から先がよく走ります。 少し大柄になって、どっしりとした安心感がある顔です。

29

ピンG410プラスドライバーの試打評価|PINGの2019年新製品

5em 1em;margin:0;border-radius:0;border:none;line-height:1. もともとピンのクラブはミスしても曲がらない印象でしたが、モデルチェンジするごとに飛距離性能が加えられていると感じます。

ピン「G410 PLUS」ドライバー

また、前作()に比べると、約50%もヒール寄りの重心設計となっています。 しかしG410ではクラウン部分のタービュレーターと呼ばれる突起の形状を改良することにより空気抵抗を軽減し、G400と同等の空気抵抗に抑えています。 フッカーで左が怖い人なんかはトゥ側にウェイトを動かせば、左を気にせず振り切れるようになるんじゃないでしょうか」 野村「本当にこれは振り心地が変わるよね。

23