監獄 の 誕生。 フーコー:監獄の誕生

監獄秘話 北海道集治監の誕生と網走監獄

これは、人々の意志や決定を否定することではない。 なぜならそれは規律・訓練の最も強度な状態におけ る形態であり、人間の行動に関する強制権中心のすべての技術論が集約される見本であるのだから。 さまざまな形象の表面(うわべ)の陰で、われわれの身体は深部において攻囲されている。

10

社会や個人の内面に「規律が生まれる仕組み」を明らかにする -フーコーによる「監獄の誕生」-

「人間」の研究に基づく「身体のテクノロジー」により最適にプログラミングされたプロセスを通じ、人々の心身を社会の「」に適合するように作り替えることがその本質である。 それは、違法行為の管理によって、人々に規範、規格化の基準、逸脱の臨界点を示すこと、さらに社会体にとって生産的で役に立つ人間を、より役立たせ、そうでない者を、社会の周縁部分(施設への収容という意味でも、釈放後の周縁部への追放という意味でも)で無力化し排除すること。

27

【パノプティコンとは】その意味をベンサム・フーコーの議論から解説|リベラルアーツガイド

故に、この仕組みは多くの施設に応用可能なものである。

20

ミシェル・フーコー

「孤立化とともに労働は、〔受刑者の〕監禁本位の変容の一つの動因として定義されるわけである」(p272)(つまり、刑法改革者が述べた、一般大衆への見せしめや社会への有益な償いという意味の労働ではない)。

4

権力として機能する学校① 「監獄」と「身体の支配」

」 p. 征韓論に端を発した西南戦争は国事犯を生み、明治10年代から増え続けた囚人は明治18年には8万9千人と過去最高の収容者数となり、全国的に監獄は過剰拘禁となりました。

2

ミシェル・フーコー『監獄の誕生』を読む 後編

最近一世紀以上ものあいだ、われわれ《人類》が夢中になっているこの人間諸科学はその技術的母体を、規律・訓練およびその探査の、些事にこだわる陰険な精密さの中にもっている」(p259)(ちなみにフーコーは続けて「権力が違えば知も違ってくるのだ」とも述べている)。 244 「監禁装置は次の三つの大きな図式を援用したわけだった。

24

監獄秘話 北海道集治監の誕生と網走監獄

法がそこで示される、教訓がそこに読み取れる刑罰であること。 この時期においてどう有罪を判断するか。

11